高密度化・高発熱化に対応するFデータセンター

揺れモニロゴ

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイヤル0120-72-73-74

お問い合わせ

地震発生時、建物の安全性を素早く的確に「見える化」低層から超高層まで『揺れモニ』が建物全体の地震の影響を自己診断。安全の『見える化』で不安を解消。

揺れモニとは

地震後のビルの安全性を高精度に解析し、速やかに分かりやすく『見える化』

震災直後に発生する、建物継続使用に関する不安の声や、
建物安全度の調査に費やす費用と時間の解消のニーズに応えた、建物安全度判定サポートシステムです。

ご安心ください!

揺れモニは、スピーディーにビルの被害状況、安全度を判定。適切な避難対応をサポートします。

triangle

機能

5パラメータ、各フロアへのセンサ設置、既存システムの課題を解決

さらなる機能の充実

連続地震安全度予測機能

最初の大地震と同程度の地震が起きた場合の安全度予測とコメントを表示します。

非構造部材被害予測機能

BCPの観点からも重要な非構造部材(外壁や天井など)の被害予測機能を追加しました。

追加機能

緊急地震速報表示機能

緊急地震速報を活用して、迅速な防災活動・避難誘導をサポート

  • 地震発生直後の情報(震源、予測震度、当該地までの到達時間)を迅速に表示。
  • 緊急地震速報発令時には、通常表示から地震情報に自動に切替えて表示。
複数ビル情報表示機能

地震直後の複数ビルの建物安全度を、一元的に把握可能

  • 揺れモニを導入した複数ビルの地震直後の建物安全度情報を一覧で表示。
  • 揺れモニ専用回線(VPN)を用いたASPサービス。
  • 災害時などの通信の信頼性を高める回線の二重化にも対応可能。(オプション)
風雨モニタリング機能

近年多発している暴風やゲリラ豪雨対策を日常的にサポート

  • 建物の屋上などに設置したセンサで計測した風や雨の状況をリアルタイムに表示。

NTTファシリティーズならではの技術とノウハウが、揺れモニを支えています。

世界最高峰の
3次元振動試験システム
独自の高精度解析システム(特許出願中)と専用センサは、NTTグループをはじめ、多くのビル設計と震災復旧で培った100年以上の実績、ノウハウやデータを基に当社の3次元振動試験システム「DUAL FORCE」で実証試験を繰り返し、信頼性を磨き上げました。
優れた費用対効果を実現
独自開発した専用センサの採用により、地震計を用いる既存類似システムと比較して、導入コストの3~5割削減を実現しました(当社調べ)。また、専用センサは停電時でも約3時間分のデータ蓄積することが可能です。
24時間体制で安心の保守体制
FOC(ファシリティーズオペレーションセンタ)がシステム稼働状況を24時間体制で遠隔監視するので、システムに異常が発生しても、速やかに修理して常に正常稼動を維持します。

導入事例

写真:ハービスOSAKA・ENT
ハービスOSAKA・ENT
建物のBCP対策に取り組んでいる中でインフラを整備してきたが、テナントから建物本体の安全性はどうなのかという声があり導入。
写真:広島県農協情報センター
広島県農協情報センター
既存地震計の故障に伴い、機器更新する必要が生じたが、同機種の地震計は高価であったため、安価な揺れモニを導入。
写真:東京オペラシティ
東京オペラシティ
テナントに対して、災害時の被災状況を迅速に見える化し、情報提供するため揺れモニを導入。
写真:戸田市庁舎
戸田市庁舎
免震レトロフィットに伴い、免震効果の確認ができ、ディスプレイ表示に自由度がある揺れモニを導入。

「揺れモニ」に関するご相談、お問い合わせはこちらから。

» 製品の詳細はこちらをご覧ください
ページトップ