ニュースリリース

2016年11月4日

北陸銀行北海道地区におけるファシリティマネジメントに関わる契約の締結について

株式会社北陸銀行
株式会社NTTファシリティーズ

 株式会社北陸銀行(本店:富山県富山市、代表取締役頭取:庵 栄伸 以下、北陸銀行)と株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:一法師 淳 以下、NTTファシリティーズ)は、北陸銀行北海道地区におけるファシリティマネジメント*に関わる契約を締結し、業務を開始しました。
 本契約締結により、北陸銀行はNTTファシリティーズと連携し、北陸銀行が北海道地区にて保有するファシリティ(営業店舗、店舗外ATM等)におけるファシリティマネジメント*を推進していきます。

ファシリティマネジメントに関わる契約の内容

 北陸銀行とNTTファシリティーズは、北陸銀行のファシリティを経営資源として捉え、以下に掲げる取組みにより北陸銀行の「健全で信頼される経営基盤の確保」の実現を目指します。

  1. (1)ファシリティに関する現況の把握・分析
     ファシリティマネジメント業務を通じて、ファシリティに関する各種情報(施設不具合情報、ファシリティコスト、エネルギー使用量、施策進捗状況等)を集約化し、北陸銀行におけるファシリティの現況を的確に把握・分析します。
  2. (2)中長期的な観点での施設整備の最適化
     ファシリティに関する現況の把握・分析を踏まえ、中期的な施設整備計画やファシリティに関する施策を策定し、合理的かつ効率的な施設投資の意思決定に活用します。また、計画的な修繕工事や適切な施設の維持管理の実施等により、施設の安全性をはじめとする「施設品質の維持・向上」と「ファシリティコストの最適化」の両立を目指します。
  3. (3)ファシリティマネジメントを継続的に実現できる体制の構築
     ファシリティに関して専門的な知見を持つNTTファシリティーズと協業し、ファシリティマネジメントを継続的に実現できる体制の構築及びファシリティに関する事務の効率化を図ります。

注釈・用語説明

* ファシリティマネジメント
 ファシリティマネジメントとは、企業、団体等が組織活動のためにファシリティ(施設とその環境)を経営的・総合的に企画、管理、活用することで、ファシリティの効果を最大化するマネジメント手法です。
 ファシリティとは、施設とその環境であり、おおよそ「人々が関与する場」と定義されます。具体的には、施設(土地、建物、設備)、内部環境(執務環境、生活環境)、外部環境(近隣、地域社会、都市など)を指します。
本件に関するお問い合わせ先
   (株)NTTファシリティーズ 経営企画部 広報室 TEL:03-5444-5112

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ