ニュースリリース

2017年11月17日

秩父市とエネルギーを活用した地域創生に向けた基本協力協定を締結

秩父市
株式会社NTTファシリティーズ

 秩父市(市長:久喜邦康)と株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:一法師 淳 以下、NTTファシリティーズ)は、それぞれが有する資源の有効な活用などによる多様な連携を通じて、新エネルギーを活用した地域創生に向けた取組みの推進を図ることを目的として、本日11月17日に秩父市役所において締結式を行い、基本協力協定を締結しました。

写真 左:久喜邦康 秩父市市長、右:黒田長裕NTTファシリティーズ代表取締役副社長
左:久喜邦康 秩父市市長、右:黒田長裕NTTファシリティーズ代表取締役副社長
写真:協定書
協定書

協定の概要

 本協定は、以下の事項の実現を目指す取組みの推進を目的としています。

  • エネルギー消費の将来を見据えた効率化
  • 新エネルギー導入の推進と地域内供給によるエネルギーの地産地消
  • 避難施設等の確保・非常時のエネルギー供給等による防災面での都市機能の向上
  • エネルギーに関する取組みの推進を通じた地域経済の活性化
図 :取組みイメージ
図 :取組みイメージ
※図をクリックすると、拡大表示でご覧になれます。

 NTTファシリティーズは、かねてより「秩父市カーボン・マネジメント強化業務及び秩父市バルクリース省CO2改修FS*業務委託」を受託しており、秩父市が全国に先駆けて取組んでいる、公共施設におけるファシリティマネジメント計画と温暖化対策実行計画の融合に協力を行っています。本協定を基に、秩父市は更なる環境立市の推進に努めるとともに、NTTファシリティーズは、過去実施してきた事業による知見を活かし、市の取組みを包括的、継続的に支援していきます。

用語解説

*FS
feasibility study(フィージビリティ・スタディ)のこと。プロジェクトの実現可能性がどの程度かを事前に調査すること。
本件に関するお問い合わせ先
   ㈱NTTファシリティーズ 経営企画部 広報室 TEL:03-5444-5112

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ