ニュースリリース - News Release -

平成18年4月10日

株式会社NTTファシリティーズ

IT装置用空調トータルソリューション(ACORDIS)が
『日本建築学会賞「技術賞」』受賞


 NTTファシリティーズ(代表取締役社長 森勇)のIT装置用空調トータルソリューション(ACORDIS)が、2006年の『日本建築学会賞「技術賞」*』を受賞しました。

今回の受賞の概要は以下のとおりです。
商品・サービスページへ

1.受賞内容
 「データセンター向け空調システムの研究開発とその実用化」
(1)受賞対象となった技術
本業績は以下の4つの技術開発成果で構成されます。本業績を適用することで、空調動力を50%削減した上で、良好な温熱環境を構築できます。
  [1]多孔二重床パネル設計手法
  [2]高発熱機器周辺の気流設計手法
  [3]タスクアンビエント空調を実現するタスク空調機の開発
  [4]高効率アンビエント空調機(FMACS)の開発
 (2)受賞者
  植草 常雄(研究開発本部 環境・エネルギー部門長)
  藁谷 至誠(研究開発本部 環境・エネルギー部門 主任研究員)
  木下 学(研究開発本部 環境・エネルギー部門 主任研究員)


IT装置用空調トータルソリューション(ACORDIS)受賞図
※図をクリックすると、拡大表示でご覧になれます。

*日本建築学会賞「技術賞」
  日本建築学会では、建築に関する学術・技術・芸術の進歩発展をはかるとともに、わが国の建築文化を高め、公共の福祉に寄与するため、1949年以来、建築各分野における極めて顕著な業績を表彰しています。
作品賞国内に竣工した建築の設計であって、技術/芸術の進歩に寄与する優れた作品。
業績賞近年中に完成した学術・技術・芸術などの進歩に寄与する優れた業績。
論文賞近年中に完成し発表された研究論文であって、学術の進歩に寄与する優れた論文。
技術賞近年中に完成した建築にかかわる技術の発展に寄与し、優れた成果に結実した技術。

【本件に関するお問い合わせ先】
NTTファシリティーズ
総務人事部 広報室 TEL:03-5444-5112
商品・サービスページへ
ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。
予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリースへ


このページの先頭へ