第13回雷害リスク低減オープンセミナー
「気象観測および気象ビジネスの最前線」

開催日時
2017年11月29日(水)15:00 - 18:45(受付開始:14:30~)
会場
秋葉原ダイビルカンファレンスフロア5階5B(JR秋葉原駅電気街口より徒歩2分)
アクセス
http://www.akibahall.jp/data/access.html
参加費
無料
※セミナー終了後に懇親会(有料)も予定しています。
 詳細は下記をご覧ください。
参加申込
雷害リスク低減コンソーシアム
Facebook
Googleフォーム
主催
雷害リスク低減コンソーシアム(事務局:財団法人地域開発研究所)

参加のススメ

天気や天候の情報は、人々の日々の生活、仕事面において、大きな影響を与える重要な要素です。
これらの情報が長年にわたり蓄積・分析されることにより、予報の精度は年々向上しています。あわせて観測技術の向上により、近年では細かな時間、エリアによる予測が可能になっています。

本セミナーでは、将来的に天気、天候、気候はどこまでその観測、予測精度が向上していくのか、気象分野におけるセンシングや観測に関する専⾨門家により、気象観測技術の未来像を展望します。

また、現在は、降雨(雷雨、ゲリラ豪雨)、気温、風雪等の天気予報が中心ですが、これらの観測・予報技術を他の分野に応用し、ビジネスに結びつけていくために、建設気象、健康気象、流通気象など新しい分野における取組みを紹介します。

セミナーの詳細は下記要項をご確認ください。
セミナー要項(PDFファイル355KB)

このページの先頭へ