育児・介護支援

安心して仕事に取り組んでほしいから、社員の家族のことまでしっかり考えました! 注目 育児と仕事を両立させる施策推進の実績が認められ、子育てサポート認定事業主マーク「くるみん」の取得など、積極的な環境づくりに取り組み、男女問わず多くの社員がその精度を活用しています。

ライフプラン
休暇
男女取得可能

ライフサイクルにおけるリフレッシュ、家族の介護、ボランティア活動、リカレント学習、育児(子の養育等を含みます)並びに不妊治療等のため、原則として1週間以上の休暇を必要とする場合に、積み立てられた日数の範囲内で取得することができます。

出産休暇
女性のみ

出産のために、産前は6週間、産後は8週間の休暇を取得できます。

看護休暇
男女取得可能

同一疾病、子の予防接種や健康診断、または配偶者の出産ごとに1年度につき5日まで、子が2人以上の場合は、子の看護を対象にさらに1年度につき5日まで、看護休暇を取得することができます。

育児休職
男女取得可能

育児に専念するために、子が満3歳になるまで休職できます。

育児のための
短時間勤務
男女取得可能

育児のために小学3年生の年度末までの子を有する期間について、一定期間勤務時間を短縮して働くことができます。勤務時間を4時間、5時間、6時間の中から自由に選択することができます。

特別休暇
(育児時間)
女性のみ

生後満1歳に達しない乳児を育てるために、1回につき45分(双子の場合は1時間)以内で、1日2回※の育児時間の申し出を行うことができます。 ※育児のための短時間勤務を行っている社員は1日1回の付与となります。

子の養育を
行う者の
時間外勤務の
免除
男女取得可能

小学校就学始期に達するまでの子を養う社員は、一定の期間、時間外勤務を免除するよう申し出ることができます。

子の養育または
介護を行う者の
時間外勤務制限
深夜業の制限
男女取得可能

小学校3年生以下の子の養育を行う場合、または負傷等により、2週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする状態にある家族の介護を行う場合、時間外勤務について1ヶ月につき24時間、1年間につき150時間を超えないよう申し出を行うことができます。また、午後10時〜午前5時までの深夜業も行わないよう申し出ることができます。

育児に専念する
ために退職した
社員の
再採用について
男女取得可能

育児に専念するために退職した方は、一定の要件を満たした場合、選考により、再採用されることがあります。

介護のための
短期の休暇
男女取得可能

家族の介護のため、勤務できないときは、短期の休暇を申し出ることができます。

介護休職
男女取得可能

常時介護を必要とする家族の介護に従事するため、一定期間休職できます。

育児又は介護のための
個人単位のシフト勤務
男女取得可能

小学校3年生以下の子の養育を行う場合、または常時介護を必要とする家族の介護を行う場合は、一定期間始業時刻及び終業時刻を午前7時から午後7時までの間において変更を申し出ることができます。

※2016年11月時点の内容です。