NTTファシリティーズグループのミッションとは? Smart & Safetyで持続可能な社会の実現に貢献し続ける

私たちNTTファシリティーズグループは、100年以上にわたり、通信を守るという使命を担ってきた会社です。また、その中で培ってきた技術を活かし、持続可能な社会づくりにもチャレンジしている会社です。これから進む未来を見つめ、社会の根底となる基盤を守り、進化させていく。私たちは、これからも未来をつくるインフラ企業として、チャレンジを続けていきます。

つくるxまもる
つくる

「エネルギー」×「建築」で通信を守る使命。

通信サービスを24時間365日どんな災害時にも安定稼働させ続ける。
私たちNTTファシリティーズグループは130年以上にわたり通信サービスを守り続ける使命を担ってきました。通信サービスを稼働させるためには通信用装置のための「電力」及び「建物」が必要となります。サービスの生命線でもある「エネルギー」と「建築」。この分野を担ってきたのが私たちNTTファシリティーズグループになります。
通信サービスを守る中で私たちは高い技術力を培ってきました。電力会社からの給電がストップしてしまっても、通信用装置へのエネルギー供給を止めないための高信頼電源システムの構築技術。どんな災害でも倒壊しない強固な建物をつくる建築技術。日本の電力の約1パーセントを使用するNTTグループのエネルギー部門として培った省エネ技術。
これからの社会づくりに貢献すべく、この技術力を広く世の中で活かしていきます。

 

まもる

エネルギーと「建築」と「通信」で守る。

エネルギーを浪費する時代の終焉。そのきっかけの一つとなったのは、東日本大震災の発生でした。同時に、空調や照明を止めるなど「我慢」の省エネは生活に大きな負担となることも私たちは身を持って学びました。環境に負荷をかけずに生活環境の質を高めたい、そんな社会のニーズに応えるため、私たちNTTファシリティーズグループはエネルギーの供給者と利用者をICTで連携させ、ニーズにあった全体最適化を実現するSmartな街づくりを目指しています。これからは、供給者だけはなく、利用する側も工夫する時代へ。省エネルギーな建築物の設計から、クリーンエネルギーの有効活用、エネルギーの全体最適化までを担い、それらを包括的にマネジメントできるのは、NTTファシリティーズグループが「ICT」「エネルギー」「建築」を掛け合わせたソリューションを提供できるからこその技術です。 また、台風や地震などの自然災害への対策も、これからの社会づくりで重要な課題です。有事の際にもエネルギー供給が途絶えることがない地産地消エネルギーネットワークづくり、災害対策を中心とした事業継続計画などにより、Safetyな街づくりを実現していきます。 自然エネルギーの活用と限りあるエネルギーを効率的にムダなく使うSmartな街づくり、自然災害などのリスクで対応できるSafetyな街づくりを力強く推進していきます。


インフラ企業としての、信念を燃やす。人のため、社会のための、技術・経験を磨く。終わりなくミッションに挑み続けます。