1. ホーム >
  2. 商品・サービス >
  3. データセンター用床置型空調機 ALPACA[アルパカ]
商品・サービス

データセンター用床置型空調機ALPACA[アルパカ]

コストパフォーマンスに優れた省エネ・コンパクトタイプの床置型空調機

データセンター用空調機に求められる、優れた性能と品質を確保しながら、コストパフォーマンスと省エネ性を両立した床置型空調機です。コンパクト設計により、小規模データセンターや設置スペース、搬入経路に制限のあるデータセンターに最適なモデルです。

ALPACAイメージ写真

特長

データセンター用床置型空調機[ALPACA]の主な特長を紹介します。

コンパクト性とコストパフォーマンスを追求

非常用エレベーターで搬入ができるため、更改時などに発生しがちな追加搬入費用を削減することが可能。システムの停止時間も最低限に抑えることができます。

※義務設置の非常用エレベーターとしての規格です。
これより小さい義務設置でない非常用エレベーター規格もありますが、キャビネットなどを取り外すと奥行892mmとなるため、搬入可能な場合があります。

図:追加搬入費用を削減イメージ

各種省エネ構造・技術を採用

シロッコファンと比較して単体効率を20%向上する大型ターボファンや、低速性能に優れるDCモーターなど、様々な省エネ構造・技術を採用しています。

図:各種省エネ構造・技術を採用イメージ

Vベルトの点検・交換作業、グリスアップが不要

送風機とモーターの直結化や無給油ベアリングの採用により、Vベルトの点検・交換作業やグリスアップ作業が不要です。

優れたEMC対策

コンピュータの動作に影響を及ぼす電磁波の漏洩を防止(VCCI準拠)。電磁波環境試験などにより、優れた信頼性を実現します。

優れたEMC対策イメージ写真

データセンターソリューションの商品サービス

このページの先頭へ