1. ホーム >
  2. 商品・サービス >
  3. CyberAir下吹型[サイバーエアー下吹型]
商品・サービス

データセンター用水冷空調機CyberAir下吹型[サイバーエアー下吹型]

世界トップクラスの
省エネ性・省スペース性を誇る水冷空調機

14%省スペース化

消費電力を約50%削減

STULZ社独自のECファン技術と箇体最適設計で、高発熱密度冷却、省スペース化、消費電力削減を実現した日本市場向けの専用仕様です。自立コントロール機能内臓のため、制御システムの別途構築が不要。厳格な品質管理と、継続的な改善活動により、製品品質の向上。NTTファシリティーズによる万全のサポート・保守体制で、海外製品でも安心です。

CyberAir下吹型イメージ写真

特長

データセンター用水冷空調機[CyberAir下吹型]の主な特長を紹介します。

ファンユニットを床下配置にした高効率、省スペース設計

筐体内のほぼ全てのスペースに冷水コイルを配置。コンパクトな筐体でも圧力損失の少ない効率的な冷水コイル面積を確保し、設置スペースの削減と優れた省エネ性能の両立を実現します。

図:ECファン床下配置型省スペース化イメージ

消費電力を約50%削減する独自の高効率ECファン

ファンインペラに強化グラスファイバーを採用し軽量化を図るとともに、断面形状を最適化しファン動力を大幅に削減。変速機能を搭載したECファンで部分負荷時も高効率運転が可能です。

STULZ ECファンの省エネ性能比較資料

自立コントロール機能

自立コントロールのための制御2方弁やセンサ類、コントローラ、操作パネルをパッケージ化。自動制御監視システム工事の簡略化と構築費を低減します。

図:パッケージ化による自立コントロールイメージイラスト

当社独自の特別仕様と 厳格で継続的な品質改善活動

耐震性能および据付施工性を加味して、ボルト本数およびボルト位置を変更。当社専用のチェックシートで各製造過程を厳しく管理。定期的に工場監査を実施し、継続的な品質改善活動を実施します。

図:品質改善活動イメージ

日本市場専用に高められた耐震性能

当社の3次元振動試験システム「DUAL FORCE」にて耐震試験を実施。日本市場に合わせ、耐震性能を強化しています。

写真:3次元振動試験システム「DUAL FORCE」にて耐震試験を実施

国産製品と同等のサポート・保守体制

東西2ヵ所のオペレーションセンターによる24時間365日体制の遠隔監視をはじめ、専用の保守トレーニングを受けたスタッフが、トラブル時のテクニカルサポートから駆付け保守サービスまで、トータルサポート。また、交換部品を常備しているので、万が一の故障時でも迅速に故障修理が可能です。

写真:専用の保守トレーニング風景イメージ

専用の保守トレーニング風景

写真:専用の保守トレーニング風景イメージ

オペレーションセンター

日本市場での導入が拡大中

日本市場向けの高性能で高品質な機器仕様に加え、部品・構成品を汎用化しStulz社ハンブルグ工場から直接輸入することで実現した価格競争力で、2015年のサービス開始以降、着実に導入実績を伸ばしています。

図:日本市場での導入が拡大中イメージ

※1 <条件>冷房能力:120kW級 風量:24,000m3/h 冷水温度入口-出口:7℃-12℃ 吸込空気条件:温度26℃DB/湿度40%

● <CyberAir>は、STULZ社の登録商標です。

データセンターソリューションの商品サービス

このページの先頭へ