商品・サービス

高信頼直流給電システム<FRシリーズ>

省スペース・高信頼・高効率を追求した
電源ソリューション

シンプルな構成で、従来の交流給電システムに比べ、変換ロスを約40%削減可能な給電システム。低コスト、省スペース、省エネ、高信頼の両立を実現します。

AC給電との比較

特長

電源システムのコストを約40%削減することが可能です。

FR-HV series 直流380V給電システム

高電圧直流(HVDC)給電システム[FR-HVシリーズ]のシステム構成イメージを紹介します。

AC給電との比較

システム構成機器

HVDC整流装置

交流200Vを直流380Vに変換

特長

  • 変換効率:最大96%を実現
  • 最大127.5kWの出力容量を実現
  • ユニット予備器(N+1台)構成の高い信頼性
  • 停電バックアップ時は蓄電池から 直接ICT機器へ電源供給
  • ホットスワップ対応

大容量HVDC整流装置

システム出力容量最大500kWまで対応

特長

  • 変換効率:最大98%を実現(最適な運転制御により、低負荷時でも高効率運転が可能)
  • システム容量500kWの大容量出力を実現

HVDC分電盤

HVDC整流装置が出力する直流電力を複数のICT機器へ分岐

特長

  • 優れた遮断特性による波及事故の抑制
  • 通電部が露出しない、安全性に配慮したコネクタ接続方式を採用
  • プラグインブレーカの採用による拡張性、利便性の確保
  • 計測メーターによりエネルギー消費の見える化が可能

HVDCマイグレーション装置

直流380Vを交流100/200V、直流-48V等に変換

特長

  • HVDC未対応装置にもHVDC整流装置から一括で給電可能
  • ラックマウント型で19インチラックに搭載可能

HVDCコンセントバー

直流380Vを安全に複数のICT機器へ分岐するコンセントバー

特長

  • 機械的インターロック機構により、運用面における安全性を確保

※富士通コンポーネント株式会社と共同開発

FR-IP/FR-DC series 直流48V給電システム

高度化が進むサーバー、NW機器用の電源として高効率、高信頼、省スペース化を追求した、ITシステムに最適な電源システムです。停電等の電源トラブル時には蓄電池から無瞬断で電力を供給し、商用電源の異常からITシステムを守ります。

FR-IP/FR-DC series 直流48V給電システム

FR-IP シリーズ

様々な規模の負荷に対応し、直流電源を常時安定的に供給する直流給電システムです。商用電源の停電時には蓄電池から電源を供給することで、システムの信頼性を向上させます。

FR-IP シリーズ

特徴

  • 150A~2100Aまで幅広いニーズに対応
    約5kW~100kWまでのさまざまな負荷容量に対応します。
  • 情報・通信システムの増設に対応した優れた柔軟設計
    設備の拡張・保守時には、整流器ユニットの増設(ホットプラグイン)で対応できるため、無瞬断かつ安全にユニットの増設や故障時の交換作業を行うことが可能です。
  • 優れた耐震性を実現
    建物内上層階において、震度6強の地震にも壊れることのない、優れた耐震性を誇ります。
  • 蓄電池管理機能を搭載(オプション)
    蓄電池管理を自動的に行い、蓄電池のメンテナンスフリー化を実現しています。

    ※FR-IP600-Sを除く

FR-DC シリーズ

19インチラック型筐体を採用した直流給電システム。セキュリティ性の向上や優れた耐震性を実現し、業界トップクラスの品質を可能にしています。

FR-DC シリーズ

特徴

  • 業界トップクラスの品質を実現
    直流給電システムにおける業界トップクラスの効率、エネルギー密度、信頼性を実現します。
  • 19インチラック型筐体の採用
    以前より要望の多かった、データセンターフロアと親和性の高い19インチラック型筐体を採用しています。
  • セキュリティ性の向上
    扉を装着することで、セキュリティ性を向上しています。
  • 優れた耐震性を実現
    建物上層階において、震度6強の地震にも壊れることのない優れた耐震性を実現しています。
  • 充実した監視機能
    SNMP方式の採用によって、監視(警報・計測)情報をwebを利用して管理し、監視に必要とされる十分な情報を遠隔にて入手可能です。
  • 蓄電池管理機能を搭載
    バックアップ用蓄電池の放電回路試験および寿命予測機能を内蔵することにより、メンテナンスの容易性を向上します。

※ 200m2、 75ラック、 450kW相当のサーバールームにおいて並列冗長方式交流UPSとの比較

データセンターに関する商品サービス

関連導入事例

関連ビジネスコラム

お問い合わせ

商品・サービスに関するお問い合わせ・資料請求

PAGE TOP