1. ホーム >
  2. 商品・サービス >
  3. Rack Eye®[ラック・アイ]
商品・サービス

データセンター環境モニタリングシステムRack Eye®[ラック・アイ]

供給電流や温度など、ラック単位で「見える化」し、
円滑な運営をサポート

各ラック内のICT機器の電流、電力、電力量、温度、湿度、接点(一部オプション)を、常に計測し「見える化」することで、システムダウンにつながるICT機器のトラブル回避や、機器の増設可能許容量の検証などに活用できるデータセンター環境モニタリングサービスです。

サービスの説明図

特長

データセンター環境モニタリングシステム[Rack Eye®]の主な特長を紹介します。

経済的なシステム構築が可能

1台の計測装置で多数の多種多様なセンサを計測可能なので、システム構築費用を低減することができます。

高い汎用性と拡張性

多種多様なセンサで計測した様々な計測項目を「見える化」します。また、監視対象や計測項目の増減にも柔軟に対応することが可能です。

運用条件に沿った二つのサポート方式を用意

お客様の運用条件に沿ったモニタリングサービスの提供を実施するため、ASP方式とローカル方式を用意しています。

● ASP方式

ASP方式の主な特長を紹介します。

運用管理の煩わしさを削減したいお客様向けの委託サービス

当社のFOC(ファシリティーズ オペレーションセンタ)にて、システムの運用と監視・管理業務を行います。お客様はWebブラウザで計測結果を閲覧できるので、初期費用と監視・管理業務の負担を削減することができます。

FOC(ファシリティーズ オペレーションセンタ)とは

24時間365日体制でお客様システムの運用や監視・管理業務を代行する遠隔拠点です。全国約250拠点のサービスセンタと連携した点検・保守や駆付けサービスをはじめ、設置マネジメントサイクルと連携した更改・改善提案まで、経験豊かな専門スタッフが、多様なサービスでお客様のデータセンター運営をトータルサポートします。

FOC(ファシリティーズ オペレーションセンタ)の写真

全国約250拠点のサービスセンタの図

● ローカル方式

ローカル方式の主な特長を紹介します。

計測情報を外部送信せずにお客様が運用管理するサービス

お客様のデータセンター内に専用サーバを設置し、お客様自身で運用と監視・管理業務を実施していただくので、セキュリティレベルの高いデータセンター環境のモニタリングと「見える化」を実現することができます。

● サービスメニュー

データセンター環境モニタリングシステム[Rack Eye®]のサービスメニューを紹介します。

  • 5分間隔の計測サービス
  • 閾値(アラーム)管理サービス(Webブラウザ、メール通知)
  • Webベースでのトレンドグラフ
  • 計測値の平均、最大、最小値の一覧をレポート

画面表示のイメージ図

<Rack Eye>は、株式会社NTTファシリティーズの登録商標です。

データセンターソリューションの商品サービス

このページの先頭へ