1. ホーム >
  2. 商品・サービス >
  3. Munters DCiE
商品・サービス

Munters DCiE

圧倒的な省エネルギー性能で
業界最高水準の高効率データセンターを実現

空調エネルギーコスト 約60%削減

Munters DCiEは、水の気化熱の活用により、超高効率を実現するデータセンター用空調システムです。様々な外気条件に適応する3つの冷却モードなどにより、空調エネルギーコストの約60%削減を実現します。

空調システムイメージの図

特長

Munters DCiEの主な特長を紹介します。

外気条件に応じて、3つの冷却モードを切り替えて運転

冬季は空気(低温の外気)対空気(ホットアイルからの還気)による熱交換を行うドライモード。中間期は、外気と熱交換器への水噴霧による気化熱を利用したウェットモード。夏季は、ウェットモードの冷却だけでは取り切れなかった熱量を圧縮機などの補助熱源により冷却するウェット+補助熱源モード。年間を通じて外気や水の気化熱を活用した冷却方式により、省エネルギー性能を飛躍的に高めます。

図:3つの冷却モードを切り替え

圧倒的な省エネルギー性能

業界最高水準の省エネ性能を既存のベストプラクティスと同等の構築コストで実現し、お客様のライフサイクルコストを低減します。

図:年間エネルギーコスト

ポリマー熱交換器の採用による高いロバスト性

独自開発のポリマー熱交換器の採用で高いロバスト性と熱交換率を両立。金属腐食なし、セルフクリーニング効果によるスケール付着なし、高い水密性も実現します。

図:高いロバスト性と熱交換率を両立イメージ

都市型のデータセンターに合わせたバルコニー設置タイプ

バルコニー設置可能で都市型のデータセンターにも適合。屋上面積による設置制約はなく、短い室内ダクトで送風ロスを低減します。

図:6台/フロア×3フロアに設置したイメージ

単一の筐体からなるシンプルな構成で、システム構築が容易

一般的な水冷空調システムでは、空調機・熱源機・冷水配管等の構成品が必要になりますが、間接蒸発冷却式は本体のみのシンプル構成です。それにより配管配線工事費の低減、容易な逐次増設の実現、制御構築の簡素化を可能にします。

図:間接蒸発冷却方式と一般的な水冷空調方式

<DCiE>は、Munters社の商標です。

関連コンテンツ

データセンターソリューションの商品サービス

このページの先頭へ