1. ホーム >
  2. 無停電電源装置FUシリーズ >
  3. FU-AⅢ

無停電電源装置FUシリーズ

無停電電源装置FUシリーズ「FU-AⅢ」の製品概要を紹介します。

図:FU-AⅢ

あらゆる電源リスクに対応し、本体期待寿命10年、最長期待寿命10年バッテリーを標準搭載し、最大180分バックアップまで対応の高信頼UPS。電源管理アプリケーションをオプションでご用意できます。

バッテリーの取扱い・・・UPSを「正しく」お使いいただくために

1.バッテリーの寿命について

バッテリーの期待寿命は、バッテリー周囲温度25℃(UPS周囲温度20℃)を条件に設計しており、標準バッテリーは最長5年、長寿命バッテリーは最長10年です。
下記のようにUPSの使用環境(UPS周囲温度・湿度、放電回数、放電電流、負荷率など)により大きく変わります。

(1)周囲温度・・・ 10℃上昇すると期待寿命はおよそ半分になります。
(2)放電回数・・・ 年間5,6回を想定して設計しています。過度な充放電(毎日など)を繰り返すと早期に容量が低下します。
(3)放電電流・・・ UPSの負荷率が高いほどバッテリーの放電電流が大きくなり、大きな放電電流で放電を繰返すとバッテリー寿命は短くなります。

※機種によっては、バッテリー周囲温度が25℃であっても、長寿命バッテリーの期待寿命が10年に満たない場合があります。ご使用条件等は、お問い合わせください。

温度と寿命の関係

バッテリー周囲温度
(UPS周囲温度)
バッテリー期待寿命
標準バッテリー 長寿命バッテリー
25℃(20℃) 5年(最長) 10年(最長)
30℃(25℃) 3.5年 7年
35℃(30℃) 2.5年 5年

温度と寿命の関係(長寿命バッテリー)
温度と寿命の関係(長寿命バッテリー)

2.バックアップ時間

バッテリーは、使用年数が経過するとともに徐々に劣化し、その影響により放電容量も低下するため、バックアップ時間は、経年とともに短くなります。
UPSのバックアップ時間は、負荷の重要度に応じ、余裕を持った時間を選定して下さい。

3.バッテリー寿命に影響する設置環境の例

(1) ラックに搭載しサーバ等に挟まれる場合や、ラック内部温度が高くなる場合
(2) 狭溢な場所で粉塵が多い場所や、通気の悪い場所
(3) 排気ファンと壁面等の離隔が十分に無く、冷却効果が損なわれる場合
(4) 設置場所の空調機がスケジュールで運転・停止する場合
(5) 夜間帯、休日にUPS入力電源が遮断され、充放電を繰り返す場合 等

※一般的にバッテリー周囲温度はUPS周囲温度に対し約2℃~5℃上昇します。機種、使用環境により、上昇温度は変動しますので、バッテリーの期待寿命は目安としてください。
バッテリー交換は、バッテリー期待寿命の半年から1年前を目安に、早目の交換をお奨めします。

※バッテリー期待寿命とは、バッテリー単体の周囲温度25℃、1CA放電における評価値であり、放電回数、放電電流量、負荷率等により変動します。特に、周囲温度が25℃以上または、放電電流が1CA以上の場合、寿命に大きく影響します。

特長

1入力端子切替により、100Vまたは200Vのどちらでも受電できます。

2出力端子切替により、単相2線(100Vまたは200V)、
または単相3線(100V/200V)を選択できます。

3バッテリーおよび主要回路部のトレイ式実装や、入/出力接続端子の前面配置などにより、
完全前面保守が可能です。側面および裏面の保守スペースは不要です。

4標準で最長期待寿命10年*のバッテリーを採用しているため、
最良の条件下でご使用の場合は、頻繁なバッテリー交換は不要となる可能性があります。

* バッテリー期待寿命とは、バッテリー単体の周囲温度25℃、1CA放電における評価値であり、放電回数、放電電流量、 負荷率等により変動します。特に、周囲温度が25℃以上または、放電電流が1CA以上の場合、寿命に大きく影響します。

安全上のお願い

  • 設置、組み付けおよびご使用の前に「取扱説明書」をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
  • 次のような装置に使用の場合には、運用、維持、管理について特別な配慮が必要となりますので当社にご相談ください。
    (a)人命に直接かかわる医療機器など。
    (b)人身の損傷にいたる可能性のある電車、エレベータなど。
    (c)社会的、公共的に重要なコンピュータシステムなど。
    (d)その他、人の安全への関与や、公共の機能維持に重大な影響をおよぼす装置など。
  • 車載、船舶、運搬など振動が加わる環境でのご使用については、当社にご相談ください。
  • 本装置の改造・加工は行わないでください。
  • 据付、配線工事、保守などの際は当社にご相談ください。
  • 本装置は日本国内仕様品です。国外で使用すると、電圧、使用環境などが異なり発煙、発火の原因になることがあります。国外でのご使用については当社にご相談ください。
  • バッテリー期待寿命10年は
    ・1CA放電によるバッテリー単体、周囲温度25℃における評価値です。
    ・温度、放電回数など使用条件及び負荷状態などにより変わります。
    ・周囲温度が10℃上昇するごとにおよそ半分になります。
    ・目安であり、保証値ではありません。

ご質問・ご相談は、弊社営業部門へお問い合わせください。

記載内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイヤル0120-72-73-74

UPSのご相談

このページの先頭へ