NTTファシリティーズのCSR活動

CSR活動の推進

NTTファシリティーズグループは、自社グループが社会に一層の責任を果たし続けるため、「企業倫理」「情報セキュリティ」「環境保護」「人権啓発」をCSRマネジメントの4つの柱と位置づけています。
具体的には、それぞれに社内委員会を設置し、企業ビジョンとの整合性を確保しつつ、基本方針・制度・基準・活動要領などを策定し、研修などの一体的な運営を行っています。

NTTファシリティーズグループのCSR活動の4つの柱

企業倫理 情報セキュリティ 環境保護 人権啓発

NTTグループCSR憲章に即したCSR活動

NTTグループでは、「NTTグループCSR憲章」のもと、グループ会社が共通して取り組むべき「NTTグループ CSR重点活動項目」を定めています。NTTファシリティーズもこれに即し、主体的かつ「自社の力が活きる」CSR活動を推進しています。

NTTCSR憲章はこちら http://www.ntt-f.co.jp/csr/charter/

NTTグループのCSRテーマに即した、CSR活動の多面的な展開

NTTグループ
CSRテーマ
CSR重点活動項目 NTTファシリティーズ
CSR活動の柱
活動事例
人と社会の
コミュニケーション
  • お客さまへの価値提供を通じた持続可能な社会への貢献
  • 安全でスマートな社会づくりへの貢献
  • グローバルな事業展開による世界各地への貢献
  • 震災からの復旧・復興支援
  • 「Smart&Safety」ソリューションの開発、提供
  • データセンターなどICTインフラのグローバルな構築
  • 事業継続計画トータルソリューションの提供
人と地球の
コミュニケーション
  • 低炭素社会の実現
  • 循環型社会の形成
  • 生物多様性の保全
  • 環境性能に優れた製品、サービスの実現
  • 自社の環境負荷低減
  • 環境リスク対策の徹底
  • 自然エネルギーの積極活用
  • ICTを活用した省エネソリューション提供
  • 自社の省エネ、3R
  • 環境保護活動
安心・安全な
コミュニケーション
  • 情報セキュリティの確保
  • 重要インフラとして高い安定性と信頼性の確保
  • 情報セキュリティの徹底
  • リスクマネジメント、BCP対策の強化
  • ISMS認証取得、情報セキュリティ研修
  • BCP体制の整備、強化
  • 高品質で安定した設備サービスの提供
チームNTTの
コミュニケーション
  • 多様性尊重と機会均等の推進に向けた取り組み
  • 社会貢献活動
  • 人権啓発の推進
  • 多様性の尊重と働きやすい職場づくり
  • CS(お客さま満足)の継続的向上
  • 社会貢献活動の推進
  • 人権に関する社員研修
  • 人事制度の継続的刷新
  • CS活動
  • 地域での貢献活動

このページの先頭へ