コーポレートガバナンス/CSR推進体制

コーポレートガバナンスの強化

経営の健全性と透明性を確保するとともに、企業価値を高めるためコーポレートガバナンスの充実を図っています。

※図をクリックすると、拡大表示でご覧になれます。

取締役は、原則月1回開催される取締役会において、経営に関する重要事項について、関係法規、経営判断の原則および善良なる管理者の注意義務等に基づき決定を行うとともに、定期的に職務の執行状況等について報告しています。また、会社経営・グループ経営に関する重要事項を課題ごとに議論し、適正な意思決定を行うための経営会議、各種委員会を設置しています。
監査役会は、監査役3名で構成され、各監査役は取締役会など重要な会議に出席するほか、業務の執行状況に関し適宜監査を行っており、そのための専任組織、スタッフを有しています。

リスクマネジメント体制

事業活動上のリスク回避、サービス品質の維持に関する全社的施策、方針の決定、事故等の原因究明や再発防止策等の検討を行うため、社長を委員長とする「ビジネスリスクマネジメント委員会」を設置しています。迅速かつ適切なリスクマネジメントを行うことにより、事業活動における損失の未然防止・最小化を図っています。

CSR活動の推進

当グループでは、「企業倫理」「環境保護」「人権啓発」をCSRマネジメントの柱と位置づけており、本社および各エリアごとに設置しているCSR推進室が連携をとりながら、グループ一体となった取り組みを推進しています。

アライアンスヘルプライン

法令上疑義ある行為についてビジネスパートナーが当社に直接情報提供を行う手段として、アライアンスヘルプラインを設置しています。

alliancehelp@ntt-f.co.jp

なお、情報を提供したことにより情報提供者に不利益が生じないよう保護するとともに、提供して頂いた情報は当該案件の対応に限定して使用し、第三者へ公開・提供することはありません。

このページの先頭へ