ごあいさつ

Smart & Safetyで持続可能な社会の実現に貢献し続けます 代表取締役社長 一法師 淳

 持続可能な社会の実現に向け、環境経営の推進は企業にとって重要な取組みの1つです。
 地球温暖化対策は長期的な削減目標を設定するなど、世界規模で深刻な問題となっており、日本においては、地球温暖化の大きな要因となっている温室効果ガスの排出を2030年度までに2013年度比で26%削減する中期目標が設定され、業務・オフィスやエネルギーなど、分野ごとに高い目標が定められています。
 これにより、業務・オフィス分野では省エネルギー性能の高い設備・機器の導入やゼロエネルギービルの推進など、より一層の緻密なエネルギー管理と削減が求められ、エネルギー分野においては、国内生産可能で温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの導入拡大を目指すとともに、安定供給面、コスト面等の課題に適切に対処していくことが求められています。
 また、安心して安全に生活がおくることができる社会づくりの取組みも忘れてはいけません。台風や地震などの自然災害や地球温暖化の影響による気候変動へ適応していくことも強靭で持続可能な社会の実現に向けた重要な課題と考えます。

 NTTファシリティーズでは、NTTグループの省エネルギー対策や建物や通信設備のリスクマネジメント等により培った、ICT・エネルギー・建築の融合技術を最大限活用し、業務・オフィス部門を中心としたお客様の温室効果ガス排出削減目標達成の支援はもとより、災害対策を中心とした事業継続計画の策定・実行、有事の際にもエネルギー供給が途絶えることがない地産地消エネルギーネットワークづくり、建物の建設費、水や光熱費、維持管理費、修繕費等のライフサイクルコストの削減などにより、スマートで安心・安全な社会づくりに貢献していきます。
 また、自社やお客様の太陽光発電設備の構築や運用により、再生可能エネルギーの普及・拡大を図り、社会全体の環境負荷低減・低炭素化に貢献してきた技術を駆使し、太陽光発電設備の更なる高効率化、低コスト化、長期にわたる安定した発電を追求していきます。

 いま、企業は、持続可能な社会を実現するために様々な課題に直面しています。
 今後も、NTTファシリティーズでは、お客様から最も信頼されるパートナーとして、IoTを活用したエネルギーマネジメントシステムによる最適な省エネルギー化、これから市場創設が予定されているネガワット取引の運用など、広い視野でエネルギーと建物・環境の未来を見つめ、お客様が直面している重要な課題に共に取組み、共に達成していくことで、持続可能な社会の実現に貢献し続けていきます。

代表取締役社長 一法師 淳

このページの先頭へ