NTTファシリティーズグループ地球環境保護基本理念

NTTファシリティーズグループは、環境経営を実践し、すべての人が豊かに安心して暮らすことができる“人と地球が調和する持続可能な社会”の実現に貢献します。

私たちの環境テーマ:気候変動への緩和と適応、資源の循環、自然との共生

基本方針

  1. ICT・エネルギー・建築の技術を最大限に発揮した環境ソリューションの開発と提供により、気候変動への緩和と適応に貢献します。
  2. 効率的な資源やエネルギーの利用、資源循環に積極的に取組み、持続可能な資源利用の達成に貢献します。
  3. 事業活動と生態系とのつながりを常に意識し、生物多様性を保全し生態系を未来につなぐ取組みに貢献します。
  4. ステークホルダーの皆さまとも協働し、自然資本や生物多様性の保全につながる環境保護活動を推進し、地域社会に貢献します。
  5. 環境保護に関する法令や規制、ステークホルダーの皆さまとの取決めなどを順守します。
  6. 環境保護に関する方針や取組み状況を公開し、社内外とのコミュニケーションを図ります。
  7. 環境マネジメントシステムの構築と運用により、環境パフォーマンスの向上と環境リスク低減の両立を図るともに、内部監査や経営層によるレビューを通じて環境保護の取組みを継続的に改善していきます。

NTTファシリティーズグループ環境目標

レジリエントで脱炭素化している未来へ

  • 温室効果ガス排出量(SCOPE1、SCOPE2)を2030年度までに40%削減します。※1
    <KPI> 2013年度排出実績11,714t-CO2 ⇒2030年度目標7,000t-CO2
  • 提供するソリューションの環境パフォーマンス向上により、気候変動への緩和と適応に貢献し続けます。
  • ステークホルダーの皆さまとも連携し、サプライチェーンを含む温室効果ガス排出量削減に取組みます。
  • 再生可能エネルギーの利用の促進に貢献します。

資源が循環している未来へ

  • 持続可能な資源利用を実践します。
  • 自社オフィスから排出する産業廃棄物処理について、ゼロエミッション※2を継続します。

自然と共生している未来へ

  • 生態系を保全するため、あらゆる活動を通じた取組みを積極的に推進します。また、ステークホルダーの皆さまとも協働していきます。
 

*1オフィスでの電力などのエネルギー使用および社有車等による燃油等の使用に起因する温室効果ガス排出量。基準年は2013年度

*2NTTファシリティーズグループでは「最終処分率1%以下」をゼロエミッションと定義しています。

PAGE TOP