ニュースリリース

2017年1月25日

「損害保険付き太陽光発電所保守サービス」の販売開始
~保守と保険のパッケージ化により、太陽光発電所の日常点検から故障修理までトータルサポート~

 株式会社NTTファシリティーズ(以下、NTTファシリティーズ)ときらら保険サービス株式会社(以下、きらら保険サービス)は、NTTファシリティーズが指定する保険会社が提供するサービスを利用して、太陽光発電所を対象とした設備保守と損害保険をパッケージ化した「損害保険付き太陽光発電所保守サービス」(以下、本サービス)の販売を2017年1月25日より開始します。
 保守と保険の契約をパッケージ化した本サービスに加入いただくことで、故障修理に要するお客様の手間・稼働、故障に伴う発電機会の逸失、太陽光発電所の運用コストを削減することができます。

1.損害保険付き太陽光発電所保守サービスの特徴

 本サービスは、NTTファシリティーズが有する全国300箇所以上におよぶ太陽光発電所の保守実績と経験、24時間365日体制の遠隔監視と全国で250にも及ぶ拠点を活かした万全な体制と、損害保険を組合わせた高圧連系*向けの業界初のサービスです。

本サービスの特長は以下の通りです。

従来と本サービスの比較
従来と本サービスの比較
※図をクリックすると、拡大表示でご覧になれます。
  1. (1)故障修理等の窓口一元化による手間・稼働の削減
    お客様自らが各社に対して行っていた故障修理依頼と保険手続きの窓口が一元化でき、手間・稼働を削減することができます。
  2. (2)早急な故障対応による発電機会の逸失を削減
    保険査定に必要な情報の提出をNTTファシリティーズときらら保険サービスが代行することで故障修理に要する期間を短縮でき、故障に伴う発電機会の逸失を削減することができます。
  3. (3)保守と保険のパッケージ提供による運用コストの削減
    保守と保険の一元化によりこれまで双方にかかっていた運用コストを5~10%程度削減することができます。
  4. (4)その他
    太陽電池パネル設置総数のうち、当社指定の調査で一定数以上の枚数でメーカーの出力保証の値を下回る出力の低下が確認された場合には調査費用等を補償します。

2.今後の展開

 本サービスを、故障修理時の手間・時間や太陽光発電所の運用コストでお困りの全国のお客様等へ提案を進めていき、初年度の年間売上5億円を目指します。

用語説明

* 高圧連系
出力50~2,000kWの太陽光発電設備

各社代表

株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:一法師 淳)

きらら保険サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大場 一正)

本件に関するお問い合わせ先
   (株)NTTファシリティーズ 経営企画部 広報室 TEL:03-5444-5112

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ