お知らせ

2015年10月15日

株式会社浜松新電力への参画について

 株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:筒井清志、以下NTTファシリティーズ)は、静岡県浜松市内におけるエネルギー地産地消事業の推進を目的に2015年10月に設立する「株式会社浜松新電力(以下浜松新電力)」に対し、浜松市、NECキャピタルソリューション株式会社、遠州鉄道株式会社、株式会社静岡銀行、須山建設株式会社、中部瓦斯株式会社、中村建設株式会社、浜松信用金庫とともに出資参画します。

 浜松新電力は2016年4月に事業を開始し、市内の再生可能エネルギーを活用した電力を買い取り、公共施設等に電力を供給します。浜松版スマートシティの実現を目指す浜松市と浜松新電力は「エネルギー政策に関する連携協定」を締結することにより、再生可能エネルギーの地産地消及びエネルギーの効率的利用を進めてまいります。さらに、市内のエネルギーを有効活用する事で、「地域経済の活性化」、「節電・環境意識の醸成」や「エネルギーに不安のない強靭で低炭素な社会の構築」に向けて事業を実施してまいります。

 NTTファシリティーズはスマートコミュニティプロジェクトで培ったノウハウとCEMS(Community Energy Management System)を活用することで、再生可能エネルギーの発電量をより正確に予測するとともに、需要と供給のバランスを最適に調整し、浜松市におけるエネルギー地産地消の推進に貢献します。

本件に関するお問い合わせ先
(株)NTTファシリティーズ 経営企画部 広報室 TEL:03-5444-5112

このページの先頭へ