お知らせ

2016年12月6日

「平成28年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」について

株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区 代表取締役社長 一法師 淳、以下、NTTファシリティーズ)は、NTTファシリティーズ新大橋ビルにおける取組みにおいて、「平成28年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞し、12月5日に表彰式が行われました。

NTTファシリティーズ新大橋ビル
写真:NTTファシリティーズ新大橋ビル
表彰式の様子
写真:授賞式の様子
写真:授賞式の様子

取組み詳細

地球温暖化防止の観点から、NTTファシリティーズでは、ビルの電源・空調システムの省電力化技術や、環境配慮設計手法に関して、研究開発を実施しています。加えて、ZEB(net Zero Energy Building)の実現・普及に向け、ICTを活用した低炭素化社会を実現できる新しいIoT(Internet of Things)建築の構築を目指しています。
そこで、「ICTの分離と統合による次世代の省エネルギービルの実現」、「実証実験型オフィスによる継続的な技術開発と検証」という2つのコンセプトを掲げた、環境配慮型オフィスであるNTTファシリティーズ新大橋ビルを建設しました。本ビルでは、通常はオフィスに設置するICT装置をビル内のデータセンターへ集約し、オフィスからICT装置を物理的に分離することで、ICT装置とワーカーのそれぞれに最適な環境を構築し、その省エネルギー性や快適性等を定量的に示しました。同時に、ビル全体の情報をICTにより統合的に扱うことで、ビルの運用を最適化するとともに、さらなる省エネルギーを実現しました。
1年間の実測の結果、一般的なオフィスビルと比較して一次エネルギー消費量を約60%低減しました。また、データセンターにおいては、一般のデータセンターと比較して、電源システムと空調システムの消費電力を約45%削減しました。
本ビルは実証実験型の研究開発オフィスであり、「自らが開発したものを自らが体験する」ことで、技術を継続的に研鑽します。さらに、積極的にオフィスを公開する等、普及促進に向けた課題にも取組み国内外のビルに広く導入展開することで、地球温暖化防止に貢献しています。

表彰業績概要

部門名:
対策技術先進導入部門
活動の名称:
中小規模ビルにおけるICTを活用した環境配慮型オフィスの構築および継続的な技術開発の取組み

「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」について

地球温暖化の防止に顕著な功績のあった個人又は団体に対し、その功績をたたえるため、環境大臣が表彰を行うものです。平成10年度より毎年、地球温暖化防止月間である12月に行われています。技術開発・製品化部門、対策技術先進導入部門、対策活動実践・普及部門、環境教育活動部門、国際貢献部門の5部門があります。

「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」の詳細はこちら
https://www.env.go.jp/press/103264.html

本件に関するお問い合わせ先
(株)NTTファシリティーズ 経営企画部 広報室 TEL:03-5444-5112

このページの先頭へ