お知らせ

2017年6月19日

「平成29年度都市景観大賞」の受賞について
半田運河周辺地区

 株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区 代表取締役社長 一法師 淳)が3棟(研究棟、中間実験棟、MIZKAN MUSEUM)の設計・監理と地区全体コンサルティングを担当した、ミツカングループ本社地区を中心としたエリアが「平成29年度都市景観大賞 都市空間部門 大賞 (国土交通大臣賞)」を受賞し6/16に表彰式が行われました。

写真:半田運河周辺地区 撮影:エスエス名古屋支店
撮影:エスエス名古屋支店
表彰状
写真:表彰状

 江戸時代からこの地を拠点に事業を展開してきたミツカングループ様を中心に官民一体で、舟運に活用された運河と製造施設に使われた建物群という貴重な資産を継承・発展させ、景観づくりに取組んだことが高く評価されました。

<参考>MIZKAN MUSEUM概要

表彰概要

賞の部門
都市空間部門
表彰業績名
半田運河周辺地区
共同応募者
Mizkan Holdings、半田市、NPO法人半六コラボ、石本建築事務所、GKデザイン総研広島

都市景観大賞について

 より良い都市景観の形成を目指し、下記2つの部門で表彰を実施しています。

【都市空間部門】
 公共的空間と建物等が一体となって良質で優れた都市景観が形成され、市民に十分に活用されている地区を対象に表彰されます。

【景観まちづくり活動・教育部門】
 地域に関わる人々が景観に関心をもち、自らの課題として捉え、その解決に向けて活動できるよう意識啓発、知識の普及、景観制度を活用した取組み等による活動を対象に表彰されます。

主催・後援

主催:「都市景観の日」 実行委員会
後援:国土交通省
本件に関するお問い合わせ先
(株)NTTファシリティーズ 経営企画部 広報室 TEL:03-5444-5112

このページの先頭へ