1. ホーム >
  2. 導入事例 >
  3. オフィスビル、社宅設計・監理、社宅維持管理支援プロジェクト 三井住友海上火災保険株式会社様
導入事例

オフィスビル、社宅設計・監理、社宅維持管理支援プロジェクト

三井住友海上火災保険株式会社様

オフィスビル、社宅設計・監理、社宅維持管理支援プロジェクト事例

東日本大震災時にも安心して業務を継続

三井住友海上火災保険株式会社様

損害保険業界のリーディングカンパニーである三井住友海上火災保険株式会社様。NTTファシリティーズでは、同社の2つの東北地方拠点ビルの設計・監理と、社宅の設計・監理及び維持管理支援を担当し、お客様から総合的に高い評価をいただきました。


hr

業務の概要

制振構造導入で震災時も事業継続―仙台ビル―

杜の都・仙台市の都心部を東西に走る青葉通りは、けやき並木の名所でもあります。三井住友海上様が入居する仙台ビルのガラスカーテンウォールには、この美しいけやき並木が映り込み、街並みと調和した佇まいを見せています。

2005年12月に竣工した三井住友海上様の東北地方の拠点といえるこのビルはNTTファシリティーズの設計です。設計の際には、“たとえ大規模な被災に遭ったとしても業務の継続ができる”という点を充分に考慮して制振構造をご提案し、採用して頂きました。

2011年3月11日14時46分、東日本を襲った大地震は、東北地方一帯に甚大な被害をもたらし、仙台市内も震度7の激震に揺れました。市内のオフィスビルのほとんどが多大な被害を受け、業務を中断せざるを得ない事態に追い込まれた中、仙台ビルはほとんど影響を受けませんでした。「損害保険会社として担われている社会的使命を全うする」という三井住友海上様の強い想いに、NTTファシリティーズの技術力で応えることができました。

「平成21年度郡山市景観まちづくり賞」を受賞―郡山ビル―

仙台ビルに次ぐ東北の拠点として、福島県郡山市に2009年8月に竣工したのが郡山ビルです。周りには古い建築物が多く、ガラスカーテンウォールに包まれた都市的な外観は、通る人々の目を引いています。夜になると、ビル内の照明によって、建物が行灯のように浮かび上がり、暖かさと活気が感じられる郡山ビルは、「平成21年度郡山市景観まちづくり賞」を受賞しました。

外観に加え、断熱性に優れたガルバリウム鋼板を使用し、室内の快適性を確保しています。さらに、免震構造を採用しており、昨年の大震災においても全く被害を受けることはありませんでした。郡山ビルは非常用発電機を備えており、災害時でも電気、トイレの排水などに支障がなく、3日間は業務が行える設計となっています。商用電源の回復に要するのは概ね2日間というこれまでの事例に基づき非常用発電機の稼働時間を3日間に想定。こうした備えも今回の震災に活かされました。

周辺環境に配慮した社宅設計

2009年竣工の「ハウス鷺沼」(川崎市)、「ハウス一社」(名古屋市)に加え、2010年竣工の「ハウス門戸」(西宮市)など、社宅の設計・監理も担当しています。三井住友海上様にはオフィスビル建設同様、社宅建設にもしっかりとした基準があるため、設計段階から何度も打ち合わせを重ね、社員の方々に喜ばれる設計を心がけました。

「ハウス門戸」では、新技術に加えて、女性の視点からのアイディアが活かされました。当社設計チームと施工会社には、それぞれ女性メンバーがおり、キッチンなど水回りに関しては様々なアイディアが採用され、その結果入居された女性の方々からご好評をいただいています。

また、住宅専用地域に立地する社宅が多く、周辺への影響にも配慮する必要がありました。緑化計画では、生物多様性を意識し、植樹する品種は、その地域の在来種にしています。他にも、水路際の空いた敷地一面に芝桜を植えるなど近隣住民の方々の目を楽しませています。

中長期にわたる計画性を持った維持管理を支援

NTTファシリティーズでは、社宅の維持・管理支援業務も担当しています。三井住友海上様の社有社宅は全国に約200棟、約2,000戸に上りますが、NTTファシリティーズで提案する指標に基づき、社宅の劣化判定を行い、年度別計画を立て、枠組みをご提案しています。これにより計画的な修繕の優先順位付けが可能で、年間に必要な修繕件数の平準化ができます。また年度毎に必要な修繕件数が分かり、費用もあらかじめ見通せるようになるため、中長期にわたる計画性を持った維持管理の支援が可能となります。

お客様の重要な資産である社宅の適切な維持管理を行うことで、資産価値を維持するとともに、入居者の方々にとって快適な生活環境を提供できるとNTTファシリティーズでは考えています。

仙台ビル(宮城県仙台市) 郡山ビル 南東側外観(夕景)(福島県郡山市) ハウス門戸(兵庫県西宮市) ハウス門戸 正面入口
仙台ビル(宮城県仙台市) 郡山ビル 南東側外観(夕景)(福島県郡山市) ハウス門戸(兵庫県西宮市) ハウス門戸 正面入口
hr

お客様の声

三井住友海上火災保険株式会社 様

三井住友海上火災保険株式会社 不動産部長 山本 聡 様 三井住友海上火災保険株式会社
不動産部長
山本 聡 様
三井住友海上火災保険株式会社 不動産部 次長 兼 不動産チーム長 池上 雅美 様 三井住友海上火災保険株式会社
不動産部 次長 兼 不動産チーム長
池上 雅美 様
三井住友海上火災保険株式会社 不動産部 不動産チーム 課長代理 根岸 健 様 三井住友海上火災保険株式会社
不動産部 不動産チーム 課長代理
根岸 健 様
MS&ADビジネスサポート株式会社 取締役(厚生・オフィス担当)兼 社宅管理部長 信田 武司 様 MS&ADビジネスサポート株式会社
取締役(厚生・オフィス担当)兼 社宅管理部長
信田 武司 様

NTTファシリティーズさんに設計・監理をお願いした仙台ビル、郡山ビルは、今回の東日本大震災でも支障なく業務を継続することができました。震災当時、仙台ビルで働く社員からは「ビルにいれば安心だった」との声もあり、社内でも高い評価を得ています。

郡山ビル設計の際には、ご提案いただいた内容について実際にその建築例を見学させていただき、自分たちの目で確認しながら検討することができました。

社宅の設計・監理についても、新しい技術をご提案いただくと同時に、近隣住民の方々へのご挨拶、また要望があった場合の対応まで一緒にしていただき、非常に安心感がありました。これはNTT関連の建物を数々手がけられた実績があるからなのだろうと感心しました。また、社宅の維持管理では、NTTファシリティーズさんに関わっていただいてから、非常にシステマティックになり、年間費用の見通しができるようになりました。築20年を超える社宅も多く、その修繕についても予防保全的に行えるようになったと思います。

NTTファシリティーズさんのように全国に拠点を持つ設計事務所は他にありません。フットワークよく対応いただけることに感謝するとともに、今後もよりよいご提案をいただければと思っています。

hr

三井住友海上火災保険株式会社様

1918年(大正7年)10月21日
東京都中央区新川2-27-2
http://www.ms-ins.com/

導入事例一覧へ

このページの先頭へ