1. ホーム >
  2. 商品・サービス >
  3. 揺れモニ®
商品・サービス

建物安全度判定サポートシステム揺れモニ®

低層から超高層まで、さまざまな建物の安全度を解析し、
フロア単位で『見える化』

ジャパン レジリエンス・アワード優秀賞受賞

東日本大震災直後に発生した建物継続使用に関する不安の声や、建物安全度の調査に費やした多くの費用と時間を解消するために開発した、建物安全度判定サポートシステムです。低層から超高層まで、地震後のさまざまな建物の安全性を速やかに高精度に解析。建物全体の安全度をフロア単位で分かりやすく『見える化』します。

図:コンテナ型データセンター

特長

建物安全度判定サポートシステム[揺れモニ®]の主な特長を紹介します。

各フロアへのセンサ設置で既存システムの課題を解決

建物の各フロアに設置したセンサを使い、5つのパラメータから建物ごとに必要な複数のパラメータを組み合わせて解析。1パラメータでの判定の従来システムと比べ、より正確な判定が可能です。

図:既存類似システムとの比較

連続地震安全度予測機能

最初の大地震と同程度の地震が起きた場合の安全度予測とコメントを表示します。

連続地震安全度予測機能画面イメージ

非構造部材被害予測機能

BCPの観点からも重要な非構造部材(外壁や天井など)の被害予測機能を追加。さらなる機能の充実を実現しました。

図:サポートの流れ、緊急地震速報受信イメージ画面

世界最高峰の3次元振動試験システムで磨き上げた信頼性

独自の高精度解析システム(特許出願中)と専用センサは、NTTグループをはじめ、多くのビル設計と震災復旧で培った100年以上の実績、ノウハウやデータを基に当社の3次元振動試験システム「DUAL FORCE」で実証試験を繰り返し、信頼性を磨き上げました。

高精度化とコントロール化を高次元で両立し、優れた費用対効果を実現

独自開発した専用センサの採用により、地震計を用いる既存類似システムと比較して、導入コストの3~5割削減を実現しました(当社調べ)。また、専用センサは停電時でも約3時間分のデータ蓄積することが可能です。

24時間体制でシステムの正常稼働を常に保つ、安心の保守体制

FOC(ファシリティーズオペレーションセンタ)がシステム稼働状況を24時間体制で遠隔監視するので、システムに異常が発生しても、速やかに修理して常に正常稼動を維持します。

緊急地震速報を活用して、迅速な防災活動・避難誘導をサポート

地震発生直後の情報(震源、予測震度、当該地までの到達時間)を、迅速に表示します。また、緊急地震速報発令時には、通常表示から地震情報に自動に切り替えて表示します。

図:サポートの流れ、緊急地震速報受信イメージ画面

複数ビル情報表示機能

揺れモニを導入した複数ビルの、地震直後の建物安全度情報を一元的に把握。各ビルの危険度を考慮した効率的な調査や対策をサポートします。災害時などの通信の信頼性を高める回線の二重化などにも対応可能(オプション)です。

図:複数ビル情報表示機能イメージ画面

風雨モニタリング機能

建物の屋上などに設置したセンサで計測した風や雨の状況を、リアルタイムに表示。近年多発している暴風やゲリラ豪雨対策を日常的にサポートします。

図:風雨モニタリング機能イメージ画面

<揺れモニ>は、株式会社NTTファシリティーズの登録商標です。

関連コンテンツ

安心・安全ソリューションの商品サービス

このページの先頭へ