「震災から学ぶ環境経営」 経営者にできることはまだまだあります。


当社は、情報通信、環境、エネルギーの融合技術を駆使し、豊かな生活・文化の創造と21世紀型循環社会の実現に貢献する「環境総合コンサルティング会社」です。環境経営のビジョン策定から、環境マネジメントシステム(ISO14001等)認証取得・運用、eラーニング等の環境教育、環境会計、環境報告書、エネルギーコンサル、建物環境対策、老朽化建物のコンサル、地球温暖化対策コンサル等で多面的にお客さまの環境経営を支援しております。

震災から学ぶ環境経営(経営者にできることはまだまだあります)を事業コンセプトに、喫緊の課題である節電や省エネ等オフィスでの環境マネジメントコンサルから、建築設備・空調・エネルギー分野でのコンサルティング、再生可能エネルギーの地域エリアポテンシャル事業性評価など、スマートコミュニティ関連の調査・分析・評価まで幅広く実施しています。 

またGPエコが特許を有する環境に配慮した社会基盤構造物の劣化評価・コンサルティング(スマートFM:外壁劣化調査等において、安価で、正確に調査、計測し、CAD図面化できる技術)も提供しています。

当社は、環境啓発活動の一貫として、経営層から社員までが、最新の環境課題共有し、今後の行動について検討する環境検討会を開催しています。

また、2011年度のNTTファシリティーズグループ内のCSR標語・作文募集では、当社社員が、「CSRに必要なこと」の作文でグループ最優秀賞を組写真「未来へ」でCSR推進室長賞を受賞しております。加えて、社員の環境啓発活動(ISO14001活動)の一環として、グランパークタワー(入居ビル)のごみ集積場および港区ごみ焼却場およびリサイクル施設の見学会を実施するなど、環境・CSR活動に積極的に取り組んでいます。

一方、地域・社会への環境貢献活動として、科学を楽しみ、技術に親しむお祭り「国際科学フェスティバルイベント」とタイアップし、地域の子供たちを対象にした「GPの森で自然体験」という環境教育プログラムを実施。、他に、日本の環境教育有識者らが集い会議やワークショップを開催する日本環境教育フォーラム主催「清里ミーティング」への協賛を行っています。

当社は、サスティナブル社会に貢献する環境経営コンサルティング企業として、より一層、CSR活動に努めてまいります。

白羽 真
2003年4月1日
1億円
株式会社NTTファシリティーズ(75%)
  東日本電信電話株式会社(20%)
  西日本電信電話株式会社(5%)
[URL] http://www.ntt-gp.com/






PAGE TOP