ご挨拶

代表取締役社長 松原 和彦 :画像
当社は1992年に、NTTグループにおける電力・建築分野の専門技術者集団として発足しました。以来、全国主要都市および県域に拠点を有する組織の特性を活かし、通信施設をはじめ多岐にわたる建築や太陽光発電サイト等の電力施設、電力インフラの企画から設計、工事マネジメント、保守・維持管理にわたる「統合エンジニアリング・サービス」を通して、幅広いお客様に価値を提供し続けながら、今日まで着実に歩を進めてまいりました。
近年は、企業にとってますます重要となる環境経営、SDGsの推進や自然災害への備え、事業継続計画の策定、高まるデータセンター需要等の要請に応え、“ICT・エネルギー・建築“の融合技術を駆使し、特にデータセンター、FM(ファシリティマネジメント)、スマートエネルギーの各分野におけるビジネスソリューションに注力しています。
「つくって終わり」ではなく「つくってから始まる」、というNTTインハウス時代から鋳込まれた精神に基づき、建築やエネルギーシステムのライフサイクルにおける高度なマネジメント―長寿命化・効率化・最適化―を追求してまいりました。
また当社は、2019年7月に発足したNTTアーバンソリューションズグループの一員として、新たな体制の下に再スタートしました。NTTアーバンソリューションズは、地域社会が抱えるさまざまな課題に向き合う「皆さまの街づくりパートナー」であり、そのなかで当社は、都市計画、建築設計・監理、維持管理、エネルギーマネジメントによる「街づくり」を通して、皆様のニーズにお応えしてまいります。
― 街づくり ― それは当社がめざしてきた「価値の創造と提供」を、「街や社会」という高い次元で捉えなおすことであり、また新たな時代に向かって事業を発展させる機会であると考えています。
私たちの社会は現在、大規模災害リスクや地球規模の環境問題、そして社会インフラの老朽化や少子高齢化等の課題に加え、感染症対策・パンデミック対応という新たな課題に直面しており、これまでの常識や固定観念にとらわれない「変容と進化」が求められています。当社は、こうした社会的要請をふまえ、“新たなビジネススタイル”を追求するとともに、広い視野、高い視座で「街・建築・エネルギー」の未来を見つめ、社会的課題に真摯に向き合い、「最も信頼されるパートナー」として、皆様と共に取組み、価値を提供し続けることによって、「豊かで持続可能な社会の実現」に貢献してまいります。
皆さまのご支援とご愛顧を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
松原 和彦

PAGE TOP