生物多様性のリスク分析実施と関係性マップを作成

NTTファシリティーズグループは「生物多様性保全」=「生物の多様性と、それによる恩恵を保全すること」と認識し、各事業への対応を本格化させています。「グリーンITビルプロジェクト」や「ソーラープロジェクト」等の主な事業活動と生物多様性保全の影響を把握するため、生物多様性に関するリスク分析を実施、要因を抽出し、対策のプライオリティを整理しています。リスク分析に当たっては、自らの直接的な活動だけでなく、仕入れ先や利用者サイドなどの間接的に影響を与えるシーンまで含め、ライフサイクル全体についての生態系サービスへの依存と影響の分析を実施しました。またその結果を「生物多様性保全の関係性マップ」として可視化し、活用しています。

現在はこうした分析結果をもとに行動計画の検討を行っています。





PAGE TOP