2011年度の環境会計

2011年度環境会計では「環境保全コスト」としての投資額は1.4億円(前年比▲0.4億円)、費用は4.2億円(前年比+4億円)となりました。投資額は、研究開発に関わるテーマの分類見直しを実施し環境関連のテーマ分類を変更したため、減少しています。

また、費用については、研究開発費の見直し、低公害車リース料の算出見直し等により総額が減少しています。

NTTファシリティーズグループは、今後も環境会計を活用し、環境保全における費用対効果の分析に努め、効率的・効果的な環境経営をめざしていきます。







PAGE TOP