安心安全な保守サービス提供のための「移動式技術支援車」導入


2012年3月、保全業務におけるスキルおよび安全意識の向上を図るべく、全国どこでも自由に実機に触れられる機会を提供可能な「移動式技術支援車」を開発・導入しました。

これまで各保守拠点では、保全業務における作業手順に準じた実機動作確認や故障時動作の追体験・実機解析等を自由に行える環境がなく、装置を前にした目視や、取扱説明書・報告書に頼るという状況であったため、実機操作や事故事例の検証などができる設備がほしいという声があがっていました。

本車両は、車内に発電装置を搭載し各装置へ給電することにより、車両単体での実機体験を可能としたものです。また本車両を1つのビルに模擬して監視環境を構築しており、操作と連動した警報動作確認も可能です。

なお、車両は環境に配慮し、ハイブリッドのトラックを採用しています。

移動式技術支援車 搭載装置





PAGE TOP