2018年03月23日

「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」優秀賞の受賞について ~長周期地震動から超高層ビルを守る人工知能(AI)を活用するアクティブ制振技術~

 株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区 代表取締役社長 一法師 淳、以下、NTTファシリティーズ)は、「長周期地震動から超高層ビルを守る、人工知能を活用するアクティブ制振技術」における取組みが評価され「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」優秀賞を受賞し、3月20日に表彰式が行われました。

 超高層ビル向けの新しいアクティブ制振技術は、ビル内の制振ダンパーを電動アクチュエータで制御することで地震動を受けるビルの揺れを抑制し、従来技術では達成できない高い振動抑制効果を発揮します。この制御は深層強化学習により最適制御を学習した人工知能が自律的に行い、今までにない高い耐震性と居住性を実現することが評価されました。
 なお、本技術の人工知能は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男)および株式会社NTTデータ数理システム(東京都新宿区、代表取締役社長:箱守 聰)の協力のもと、NTTグループのAI技術「corevo®(コレボ)」を活用しています。

「corevo®」は日本電信電話株式会社の商標です。

<参考>

レジリエンスジャパン推進協議会

表彰概要

「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)」について

 一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会(所在地:東京都中央区、会長:三浦惺)により、次世代に向けたレジリエンス社会を構築するために全国各地で展開されている“強靱化(レジリエンス)”に関する先進的な活動を発掘、評価し、表彰する制度です。
「企業・産業部門」、「地方自治体部門」、「教育機関部門」、「NPO・市民活動部門」の4つの部門で構成されています。

一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会について

 国土強靭化担当大臣の私的諮問機関である「ナショナル・レジリエンス懇談会」の結果を踏まえ、「国土強靭化基本計画」が円滑に達成されるよう、産、学、官、民のオールジャパンでその叡智を結集し、非常時のみならず平時での戦略的活用の方策を創造することにより、公共投資、民間投資が最大限に相乗効果を発揮し、レジリエンス立国を構築していくことを目的として設立されました。
 国民の生命と財産を守り抜き、さらには日本の産業競争力を高め、事前防災・減災の考えに基づき 「強くてしなやかな国」をつくるための「国土強靭化(ナショナル・レジリエンス)」に関する総合的な施策づくりや、その推進に寄与するとともに、できるだけ多くの国民の方に向け、国土強靭化の理解を促進し、行動を誘発していくことをミッションとしています。

本件に関するお問い合わせ先

(株)NTTファシリティーズ 経営企画部 広報室 TEL:03-5444-5112

PAGE TOP