2021年09月21日

「弘前れんが倉庫美術館」が、2021年度フランス国外建築賞グランプリを受賞

建築家の田根剛氏(AtelierTsuyoshi Tane Architects)が「弘前れんが倉庫美術館」で、 2021年度フランス国外建築賞のグランプリを受賞しました。

概要

「弘前れんが倉庫美術館」は、「弘前市吉野町緑地周辺整備等PFI事業※1」として、 弘前芸術創造株式会社 (本社:青森県弘前市、代表取締役社長:平出和也)が弘前市より受託し、 明治・大正期に築造された、れんが倉庫及び隣接する吉野町緑地公園を現代美術館に改修し 運営する施設です。
 株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区 代表取締役社長 松原 和彦)は弘前芸術創造株式会社に構成企業として経営参加し、当美術館の設計統括※2・維持管理の業務を担当しています。

※1 Private Finance Initiativeの略。
           公共施設等の建設・維持管理・運営などを、民間の資金・経営能力及び技術的能力を活用して行う手法。
※2 建築設計 Atelier Tsuyoshi Tane Archtects株式会社
    設計統括 株式会社NTTファシリティーズ
       構造設計 株式会社大林組、スターツCAM株式会社
       設備設計 株式会社森村設計

弘前市吉野町緑地周辺整備等PFI事業 概要

受賞のポイント

”記憶の継承”というコンセプトのもと、弘前の街・そこに住む人と共に刻んできた歴史や記憶を未来に継承し、それが建築の質により表現されていることが評価されました。
また、元の建築素材である明治期の赤レンガを活用している技術なども高く評価されました。

表彰概要

フランス国外建築賞について

フランスを拠点とする建築家を対象に、国外での活動を称えるフランス文化庁認定の国際的な建築賞となります。

本件に関するお問い合わせ先

(株)NTTファシリティーズ 経営企画部 広報室 TEL:03-5444-5112

PAGE TOP