技術でお客様の
経営課題を解決する。

NTTファシリティーズ中央
ソリューション本部
ファシリティマネジメント部 CRE部門

※NTTファシリティーズより出向
※インタビュー当時の部署

川島 智之

KAWASHIMA Tomoyuki

2014年入社
法学部 法律学科 卒

アパートの経営を改善したい。
家族への想いが
不動産への興味に。

大学時代から、建築や不動産に携わる仕事がしたいと思っていました。実家がアパートを経営していたのですが、空室がなかなか埋まらないことに親が悩んでいるのを見て、解決策を考えられるようになりたいと思ったからです。
在学中は不動産仲介会社のセミナーに参加しました。そこで気づいたのが、アパートの空室を埋めるには、仲介というアプローチだけでなく、建物の環境改善が大切だということです。セミナーを通じ、建物や不動産について、さらに理解を深められる仕事がしたいと考えるようになりました。
入社の決め手になったのは、NTTファシリティーズグループの事業領域の広さでした。実際に仕事をし始めてからは、自分の能力を高めるために、他の仕事を経験してみたいと感じることもあると思います。不動産の特定分野だけを扱う企業に就職した場合、新しい分野の経験を積むには、転職せざるをえない可能性があります。その点、エネルギーや建築の領域で培った技術力を軸に、お客様の課題解決のための幅広いソリューションの一つとして、不動産開発に取り組むNTTファシリティーズグループなら、社内で長くチャレンジを続けられると思いました。
実際に入社してみると、この会社の仕事の幅広さは予想以上でした。今は学生時代の希望通り不動産の仕事に興味を持っていますが、将来は他の領域にも関わってみたいと思っています。

営業兼コンサルとして
不動産開発の提案を行う。

入社後に配属された営業本部では、大規模な不動産開発などの営業を行うチームに所属しました。私は主に、不動産開発を提案する業務に携わりました。具体的には、不動産をお持ちのお客様へ「この土地にこんな建物を立てると、こんなメリットが得られます」といったように、その不動産にとって最も効果的な活用方法をご提案する営業です。お客様の経営課題のヒアリングと、提案の両方に取り組んでいたので、「営業兼コンサルティング」と言えば分かりやすいかもしれません。お客様の悩みを聞いてから、解決策を導き出すまで、一貫して携われることにやりがいを感じていました。ご提案内容はオフィスからホテル、太陽光発電所まで、お客様の課題ごとにさまざまでした。
特に印象に残っているのが、大規模な太陽光発電所の構築プロジェクトを担当したことです。予算規模も大きく、複雑な契約の調整に悪戦苦闘したのを覚えています。他の営業部や支店の方からもフォローをしていただき、なんとか軌道に乗せることができました。途中で異動になり完成まで関われなかったのですが、構築から保守まで受注できたときはとてもうれしかったです。自分が初期提案から関わったプロジェクトが案件化したときの達成感は、今でも忘れられません。

技術者ではないからこそ、
技術と経営をつなぐ
架け橋になれる。

3年目でファシリティマネジメント部へ異動し、主にNTTグループ会社が保有する不動産について、戦略の策定と遂行のサポートをしています。私がチームの中で任されているのは、キャッシュフローなどの視点から不動産を分析し、新しい戦略を提案する業務です。
現在の目標は、NTTファシリティーズのソリューションでお客様の経営を改善できる人材になることです。そのために、今後も「サービスを経営課題の解決につなげる提案」の質をさらに磨いていきたいと思います。
例えば、お客様へ空調設備の入れ替えを提案するとします。そこで単に「何円かかります」と言うのではなく、「減価償却に何年かかるので現時点での簿価は何円です。新しい設備を設置するには何円かかるので、財務指標への影響はこれくらいです」と経営的な視点で話すことができれば、説得力が増しますよね。このように財務的な根拠を提示すれば、技術的なソリューションも提案しやすくなると考えています。
こうした業務は、技術者ではない文系の人材だからこそ、お客様に近い立場で物事を考え、課題を発見しやすい側面があると思います。技術で経営課題を解決するための、架け橋のような存在になりたいですね。

就職活動での出会いが、
社会人としての
武器になる。

就職活動ではかなり苦労したのですが、その分さまざまな業界の人に出会うことができました。私も多くの出会いのなかで、自分が本当にやりたいことを見定めることができました。
皆さんも就職活動では、視野を狭めず、いろいろな業界の企業を回ってみてください。活躍が見えづらいBtoB企業にもぜひ注目してほしいですね。なじみのない企業からも話を聞いてみると、新しい発見があると思います。就職活動で得たアンテナは、将来の仕事にも必ず役に立つはずです。

1日のスケジュール

09:00
朝会。チーム全体の1日の動きを把握する。
09:30
デスクワーク。打ち合わせ資料や提案書の作成、その他の事務処理などを進める。
12:00
昼休み。チームで外へ食べに行くことも、デスクでゆっくりすることも。
13:00
訪問提案。お客様への提案やプロジェクトの打ち合わせ。
16:00
デスクワーク。打ち合わせの議事録や他のプロジェクトの提案書を作成。
19:30
退勤。落ち着いている時期はチームや同期と飲みに行くことも多い。

キャリア

1年目
新入社員研修を経て、営業本部に配属。営業や契約対応などの知識を身に付けるとともに、さまざまな提案書を作成。
2年目
3年目
ファシリティマネジメント部へ異動。ファシリティコストの削減や建物開発などの提案に携わる。
現在

学生時代に学んだことで仕事に役立ったことはありますか?

仕事で社内外の規則を確認するとき、法学部での学びが役に立っています。たとえば会社で決裁を取るときは、法律や制度、社内規則に基づいて適切に手続きをする必要があります。それらの関連法規や社内規則を理解せずに決裁を進めると、手続きの誤りで、かえって仕事が遅れてしまうこともあります。こうした作業が苦にならないのは、法学部で法律関係の分野に触れてきたからだと思います。

お気に入りの仕事道具を教えてください。

イタリアのブランドの手帳です。建築系の社員でも使っている方を多く見かけますね。字があまり上手くなく、メモが雑になってしまうのが悩みだったのですが、上司に「いいノートを買うと、丁寧にメモを取るようになる」と薦められて使い始めました。それからは本当に、メモでもきれいに書くことを心がけるようになりました。

オフの日の過ごし方を教えてください。

運動不足になりがちなので、できるだけ外で体を動かすことを心がけています。最近は釣りがお気に入りで、よく海へ出かけています。自然の中で竿を振っていると、良い気分転換になります。会社にも釣り仲間がいて、さまざまな世代の人と交流できるのも楽しいです。

入社後に言われた言葉で、一番うれしかったものを教えてください。

上司や同僚に言われた「川島のおかげでお客様に良い提案ができた」という言葉です。文系の自分がこの会社でやっていけるか心配だったのですが、この言葉で不安が払しょくされました。今でも同じ言葉をかけられるたび、会社に貢献できるやりがいを感じています。