当たり前
守る誇り。

NTTファシリティーズ中央
オペレーション&メンテナンス事業本部

※インタビュー当時の部署

筒井 陽平

TSUTSUI Yohei

2009年新卒入社
工学部 電気学科 電子工学専攻 卒

日本の中心で
通信インフラを守る、
圧倒的な責任。

さいたま新都心のファシリティーズオペレーションセンタ(FOC)で、通信用電源設備の監視業務を担当しています。関東・甲信越エリアの通信設備に電気を供給するシステムを運用し、異常がないかをモニタリングする業務です。問題が起きた場合は関係各所と連絡を取り合い、迅速な対応を行います。首都圏エリアには国内でも屈指の重要な建築物がそろっているため、問題が生じたときの影響も大きくなりがちです。異常を見つけたときは、的確な指令をスピーディに出さなければなりません。責任の大きさを実感しながら、モニターに向き合う毎日です。

集合研修とOJTを通じて、
仕事への理解を深める。

大学で学んだ電子工学を活かせる企業に就職したいと考え、NTTファシリティーズ中央を志望しました。NTTグループには長い歴史があり、安定した基盤を持っています。社員のことを大切にしてくれるという安心感と、世の中にインパクトを与えられるという期待感がありました。内定をいただいたときはうれしかったですね。
入社後は、まず1カ月間の研修を行います。NTTファシリティーズグループの100名以上の同期たちと泊まり込みで、社会人としてのビジネスマナーから通信設備などの基礎知識まで、さまざまな研修を受けました。覚えることが多く大変でしたが、仲間と協力しながら課題に取り組むのは楽しかったです。同期たちとの付き合いは今も続いていて、職種や地域を超えて仕事の近況を話したり、プライベートで旅行に行ったりもします。
浦安での研修が終わると、OJTで実際の業務に携わります。私はエネルギー部門だったのですが、建築部門のOJTも経験しました。専門外なので、初めは本当に難しかったです。専門用語が理解できないので、工程も予測できない。それでも1カ月みっちり携わったことで、仕事の概要が見えるくらいにはなりました。NTTファシリティーズグループの業務は、建物と電力設備が密接に関わっています。建築について学んだ経験は今の自分の仕事にも役立っていますし、それは私と逆の立場の人も同じだと思います。

東日本大震災で実感した、
当たり前を守る誇りと責任。

研修を経て、最初に配属されたのが新潟でした。私は新潟市内のビルの電力設備の保守・維持管理を担当しました。とはいえ配属されてからも、OJTで設計や営業などの研修は続きます。さまざまな現場の経験を重ねるうちに、少しずつ自信が生まれてきたように思います。
入社して2年目が過ぎようとした頃、東日本大震災が発生しました。東北地方では大規模な停電が起こり、通信も機能しない状態でした。新潟のメンバーも現場の復旧作業に向かうことになり、私も参加しました。
通信インフラは、きちんと機能している状態が「当たり前」です。しかし被災地では、「当たり前」の状態に戻すことが非常に困難でした。被災地の通信ビルに寝袋を持ち込み、みんなで雑魚寝をしながら、「とにかく通信を守る」という想いで作業に取り組みました。
震災から少し経ったとき、携帯電話がつながった人から「ありがとう」と声をかけていただいたのを覚えています。普段は一般の方からお礼を言われることのない仕事ですが、自分が人の役に立っていることが実感できうれしかったです。

経験の積み重ねが、
大きな事故を防ぐ。

新潟の6年間で保守・維持管理業務を一通り経験し、やっと一人前になったと思っていたら、FOCに異動し、監視業務を覚えることになりました。大変でしたが、ワクワクする気持ちのほうが大きかったですね。勉強して知識を蓄える努力も必要ですが、経験に勝る学習はありません。いざというときにも、役立つのは経験の積み重ねだと思います。
オペレーションセンタでは、電源設備などに異常が生じると、警報が出るシステムになっています。でも実際には、警報より前に、小さな異変がモニターや数値に現れることがあります。この小さな異変に気付くことができれば、大規模な故障を未然に防ぐことができます。それに気づけるかどうかを左右するのは、経験の量だと思います。自分にはまだそれだけの経験はありませんが、さまざまな現場で経験を積ませてくれた会社に感謝しながら、さらに実力を付けていきたいと思っています。
社員を大切にする企業とは、福利厚生の充実はもとより、成長する場を用意してくれる企業だと思います。「自分の力を試したい」という意欲のある方と、ぜひ一緒に働きたいですね。

1日のスケジュール

09:00
メールチェック。業務開始。宿直明けの担当者から引き継ぎを行う。
09:30
監視業務開始。警報発令時は対応。
11:30
昼食。
12:30
午後の監視業務を開始。
16:45
宿直の担当者に引き継ぎを実施。
18:00
退勤。

キャリア

1年目
新潟支店へ配属。電力設備の保守・維持管理を学ぶ。
2年目
OJTで半年間、設計を学ぶ。
3年目
新潟県内での異動。人数の少ないエリアでの業務を学ぶ。
7年目
さいたま新都心のファシリティーズオペレーションセンタ(FOC)で監視業務に携わる。
現在

学生時代に学んだことで仕事に役立ったことはありますか?

電子工学を学んでいたので、電気の知識は役に立っていますね。新しい技術に触れるとき、最初の理解力は高いと思います。とはいえ仕事の内容は多岐にわたるので、電気系の知識だけで業務が成り立つわけではありません。機械系や数学系出身の同僚も活躍していますし、就職してからの努力や経験が大きいと思います。

関東・甲信越で働いていて良かったことを教えてください。

長野県出身なので、帰省しやすいエリアなのはうれしいですね。また地域子会社でありつつ、本社で勤務することもあります。都心は重要な通信を担っているビルが多いため、大規模な案件の経験を積めるのも良いところです。

お気に入りの仕事道具を教えてください。

ブルーライトカットの眼鏡を使っています。パソコンの画面を見ている時間が長いので、疲れ目対策に購入しました。日勤だと7時間ほど、モニターをくまなくチェックしなければならないので、眼精疲労には気を付けています。

オフの日の過ごし方を教えてください。

冬場はよくスノーボードに行きます。他のことを考えずに集中できるので、ストレス発散になります。関東は交通アクセスが良く出かけやすいですね。
音楽のライブも好きです。フェスに行って仮設のエンジンを見ると、出力がどれくらいなのか気になって計算してしまうことも。職業病ですね。

入社後に言われた言葉で、一番うれしかったものを教えてください。

トラブル処理をした取引先からの、「大きな事故になる前に対応してくれて助かった」という言葉です。電力設備の保守・維持管理や監視の仕事は、表に出ることのない、いわば縁の下の力持ち。とはいえ社員はみな、社会の土台を守るという気持ちで仕事に取り組んでいます。自分たちの働きを認めてもらえたことが、とてもうれしかったです。