関西から、
世界へ。

NTTファシリティーズ関西
大阪事業部 建物維持管理担当

※インタビュー当時の部署

流下 嵩弘

RYUKA Takahiro

2012年新卒入社
総合電子情報学科 卒

外資系のデータセンターで、
保守・維持管理業務の
リーダーを務める。

現在の職場は、新築のデータセンターです。データセンターには、人々の生活を便利にする、クラウドサービスを提供するためのサーバーが設置されています。社会的な必要性や重要性が高いことから、電力設備や空調設備などに冗長性を持たせた、信頼性の高い設備が構築されています。また、ビジネス継続性の観点から、水害や地震による被害のリスクの低い場所を選んで建設されることが一般的です。
私はこのデータセンターの建設中から、電気主任技術者として自家用電気工作物の工事の監督を行いました。工事会社を指導しながら、各種試験の良否判定や行政審査の対応までを実施しました。データセンターが完成してからは、副所長として、設備チームやセキュリティチームなど、合計10人ほどのメンバーのマネジメントを任されています。建物の中にあるUPS(無停電電源装置)、空調、受電、消防設備などの重要機器やセキュリティを安定運営させ、お客様のビジネスを継続的かつ安定的に世の中へ提供できるようにするのが、私の仕事です。
このデータセンターを保有しているのは外資系の企業なので、やりとりには英語が必要です。英語力向上を目的に、英会話学校に通ったり、毎日スカイプで英会話をしたりと努力しています。朝のミーティングは全員が日本人ですが、練習のために英語で話をしています。

震災の混乱を目の当たりにし、
NTTファシリティーズを志望。

私は高専出身で、専門は電気・電子情報工学です。研修開発では、スイッチング技術を用いた高効率な電力変換器の研究開発に取り組みました。当時志望していた就職先は大手の電力会社で、NTTファシリティーズ関西の志望度は3番目ぐらいでした。そんなときに、東日本大震災が起こったんです。
震災後の混乱を見て、私は2つのことに気付きました。1つ目は、これからは原子力発電よりもクリーンエネルギーが大切になるということ。2つ目は、災害時の混乱を防ぐために、通信は絶対に止めてはならないということです。この2つを実現できると考え、NTTファシリティーズ関西への就職を決断しました。

入社4年目で、
リーダー育成を目的とする
エキスパート塾に参加。

初任地は高知支店で、電力設備の保守業務や、太陽光発電所新築工事の現場監督業務などを経験しました。入社4年目のとき、NTTファシリティーズグループで「エキスパート塾」という取り組みが始まりました。将来のリーダーを育成することを目的として、各地域から選抜されたメンバーが、東京のNTTファシリティーズ本社でOJTを受けるというものです。電気主任技術者などの資格を保有している、入社4年目以上の社員が対象でした。
私もすぐに立候補しました。1次試験や面接などを通過して1期生に選ばれたのは、グループ全体で7名、NTTファシリティーズ関西からはわずか2名のみでした。それから半年間、東京の本社で仕事をしながら、自己分析と他者分析により、判断力、課題認識力、計画立案力、リスク認識力などのリーダーとして必要な能力を向上させました。また他にも、多くのことを学び、経験することができました。エキスパート塾は、自分と向き合うことができ、かつ多くの人と出会うことができる、良いトレーニング制度だと思います。

目指すは、
グローバルエンジニア兼
経営人材。

NTTファシリティーズグループは、人を育てる文化が根付いていることが特徴です。中でもNTTファシリティーズ関西では、独自の取り組みとして、1~3年目の社員を対象にFOCUS(フォーカス)という若手の勉強会を行っています。主体的な人材育成や問題解決スキルの向上を目的としたもので、1年目の社員は、経営幹部を含めたオブザーバーを前に月次レポートを発表し、仕事に関するアドバイスをもらいます。2~3年目の社員は、チームを作って業務改善に取り組み、発表会を開いたりしています。
私自身も、FOCUSやエキスパート塾に参加したことで、大きく視野が広がりました。将来は国内だけでなく、世界で通用する技術者、経営者を目指しています。実際に海外でも働いてみたいですし、経営にも携わってみたいですね。「グローバルエンジニア兼経営人材」を目指して、これからも勉強を続けていきます。

1日のスケジュール

09:00
データセンターに出勤。
各チームでミーティング。
11:00
お客様への月次報告会。もちろん英語。
12:00
昼休み。チームメンバーと昼食。
13:00
チームメンバーからの報告の確認、資料作成、調査など。
15:00
お客様とディスカッション。
16:30
夕礼。1日の業務状況についてチーム内で情報を共有。
17:00
NTTファシリティーズ関西の事務部門へ現場からの報告。
17:30
退勤。

キャリア

1年目
高知支店で保守・維持管理業務、太陽光新築工事現場の監督業務などに従事する。
4年目
エキスパート塾の1期生に選ばれる。半年間、東京でリーダーになるためのOJTを受ける。
5年目
セールスエンジニアとして、外資系データセンター新築工事の電気主任技術者業務を経験。
6年目
外資系データセンターの運用立上プロジェクトを経験。
現在
外資系データセンターの副所長となり、保守・維持管理業務に当たる。

学生時代に学んだことで仕事に役立ったことはありますか?

物事を本質的に理解することの大切さを学びました。
その結果として、仕事でも本質的に物事を捉えようとする力があり、どんな場面でも役に立っています。嫁さんとのケンカでは、全く通用しないことは言うまでもありませんが。笑
また、電気工学を基礎からマスターできたので、今でも役に立っています。データセンターにはさまざまな装置がありますが、ベースは電気で動くものばかりです。電気なしでは、生きていけない世界なので、助かっていますし、最新技術を知ることが好きなので論文を読んだりすることもあります。

関西で働いていて良かったことを教えてください。

仕事では「NTTファシリティーズ関西だから」「もし他の地域会社だったら」と考えることはほとんどないですね。NTTファシリティーズ関西の特徴としては、サークル活動が盛んなことが挙げられます。最近はあまり顔を出せていないのですが、フットサルやバスケットボールなどのサークルがあり、普段は顔を合わせない部署の人と交流できる場になっています。

お気に入りの仕事道具を教えてください。

スマホです。メールの送受信にスケジュール管理、写真撮影と何にでも使っています。あとは英語学習にも役立っていますね。オンラインの英会話レッスンにも使いますし、TEDというカンファレンスの英語のプレゼンテーション動画もよく見ています。

オフの日の過ごし方を教えてください。

土曜日は自習に使っています。今は英語の勉強がメインで、英会話教室に通って2時間のレッスンを受けています。出席率や成績が良ければ、会社からも補助が受けられます。
日曜日は妻と過ごします。妻はアイドルが大好きなので、コンサートや握手会にも一緒に行きます。

入社後に言われた言葉で、一番うれしかったものを教えてください。

データセンターがオープンする直前に、行政の厳しい審査がありました。審査に落ちると、予定しているオープンセレモニーができなくなってしまう。おまけにデータセンターを保有する会社の社長が、アメリカから来日することが決まっていたんです。
徹底的に準備をして、なんとか合格することができました。このとき、お客様から「あなたに担当していただいてよかった。感謝しています」と言ってもらえました。この言葉は本当にうれしかったです。