2015年3月11日

NTTファシリティーズ イノベーションセンター(新大橋ビル)がLEEDゴールド認証取得

 株式会社NTTファシリティーズ(代表取締役社長 筒井 清志、以下、NTTファシリティーズ)は、研究開発オフィスと試験検証施設を統合した自社研究開発拠点「NTTファシリティーズ新大橋ビル」にて、世界的な建築環境性能認証制度であるLEED新築カテゴリー(=LEED for New Construction v3)のゴールド認証を取得しました。LEED-NCでのゴールド認証取得は国内2例目です。
 取得概要は以下のとおりです。

1.取得概要

  • 認証カテゴリー:LEED for New Construction (LEED-NC)
  • 認証レベル:Gold認証
  • 認証取得プロジェクト:NTTファシリティーズ新大橋ビル
  • 設計:株式会社NTTファシリティーズ
  • 施工:NTTファシリティーズ研究開発拠点新築計画共同企業体
    (株式会社竹中工務店・共立建設株式会社)日比谷総合設備株式会社、株式会社関電工
  • LEED認証サポート:ビューローベリタスジャパン株式会社
イメージ画像

2.今後の展開

 NTTファシリティーズは、今回、NTTファシリティーズ新大橋ビルへ導入した建物設計技術、省エネルギー技術等の各種最先端技術をはじめとしたスマート系の各ソリューション*1を通じて、環境、人、社会が共生する建物づくりに貢献していきます。

*1 当建物に導入されているスマート系ソリューションの一例
  • 建物情報連携システム(スマートフォン活用位置情報、入退室情報でPC・空調・照明を制御)
  • 直流給電オフィス(直流給電照明・ディスプレイ等、災害時等に機能する高効率オフィス)
  • 構造技術検証設備(建物安全度判定サポートシステム、取付・取外し自由な制震ダンパー 他)
  • 先進的サーバールーム(DCIM:ICT/給電/空調連携自動制御システム・高電圧直流給電 他)
  • オフィス空調(4要素空調、サーバー排熱等の未利用エネルギーの建物内最適融通他)
  • 電力マネジメント(複合型再生可能エネルギーシステム 他)
  • 次世代オフィス(高い知的生産性&省エネオフィス 他)

3.LEEDについて

 LEEDとは米国グリーンビル協議会(USGBC)が構築した環境性能評価ツールで、世界150カ国以上に登録プロジェクトがあります。

http://www.usgbc.org/

LEEDでは以下の7つの評価項目について審査されます。

  • Sustainable Sites (SS) (敷地、場所選び)
  • Water Efficiency (WE) (水利用)
  • Energy & Atmosphere (EA) (エネルギー、空気環境)
  • Material & Resources (MR) (資源、マテリアル)
  • Indoor Environmental Quality (IEQ) (室内環境)
  • Innovation in Design (ID) (革新性、デザインプロセス)
  • Regional Priority (RP) (地域特性)

LEED認証には4段階のラベリング(格付け)が与えられます

  • Platinum
  • Gold
  • Silver
  • Certified(標準認証)
本件に関するお問い合わせ先
   (株)NTTファシリティーズ 総務人事部 広報室 TEL:03-5444-5112

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP