平成12年3月16日  

電力小売事業に関する事業性検討開始について

東京ガス株式会社
大阪ガス株式会社
株式会社NTTファシリティーズ  


東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社及び株式会社NTTファシリティーズの三社は、来る3月21日に施行される改正電気事業法に基づく「特定規模電気事業」(いわゆる電力小売事業)の事業性について、共同で検討を開始することといたしました。

高度情報化社会の進展等により、今後電力需要が着実に伸びることが予想される中、環境保護の観点からもエネルギー利用の高効率化、省エネルギー化が一層求められてきております。

東京ガス及び大阪ガスは、従来からガスコジェネレーションシステムによりお客さまの電力、熱需要にマッチしたエネルギーの高効率利用を推進してまいりましたが、今後は、天然ガスを中心とするクリーンエネルギーを使用した低廉な電力そのものの販売も提供メニューに加えていきたいと考えております。

NTTファシリティーズは、コジェネレーションシステムによる高効率エネルギーの供給や風力、太陽光発電などのクリーンエネルギーの供給及び省エネルギーサービス等に携わってきています。需要家の使用電力と供給者の発電量 を調整するシステムや情報通信技術を活用したプラットフォームの構築も視野に入れ検討していきたいと考えております。

この三社の持つ信頼性とノウハウの相乗効果で、より効率的なエネルギー需給市場の創出と省エネルギー社会の実現に貢献したいと考えています。


共同で検討を行う内容
1. 自家発電事業者の動向、調達の可能性、発電設備の必要性
2. 需要家の動向、販売可能性
3. 獲得可能な市場規模
4.
電力小売事業の事業性
  など
 なお、具体的な事業化については、検討結果 を基に協議の上で判断する予定です。

>>参加企業の概要
>>検討する特定規模電気事業(電力小売事業)のイメージ
以上


本件に関する連絡先
株式会社NTTファシリティーズ 電話番号 03-5444-5112
  担当名 総務人事部 広報室
ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。
予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP