平成14年2月14日   

雷害対策サービスをワンストップで実施
~情報システムレベルから建物全体の対策サービスを開始~


株式会社 エヌ・ティ・ティ ファシリティーズ(代表取締役社長 布谷龍司:以下NTTファシリティーズ)は、雷害対策に関してNTTグループにおける建物や電気設備・通信設備の企画・設計・建設・保守・雷害対策に対する豊富な実績と技術力を活かし、総合的な雷害対策をワンストップで実施するサービスを開始しました。
年間の落雷回数はその年によって異なりますが、全国で年間平均約10万回、狭い範囲(10km四方程度)の平均では年間約1~4回/km2と非常に多く発生しています。
雷による被害は様々ですが、直撃雷や誘導雷で発生するサージ電流(電圧)によりノンストップで稼働するサーバ、ルータ等の情報通信機器やデータストレージ機器、PC等の端末機器、電源設備等の故障や誤動作の原因となる被害が増加傾向にあります。IT時代における雷害は社会生活の身近なところに存在します。
雷害は、配電線、情報線、接地システム間の電位差が原因となることから、個別の対策では防げません。弊社は、ビル全体やシステムレベルでの雷害に対して、コンサルティングから設計・工事までの総合的な対策サービスを実施します。


1.サービス開始のねらい
 雷害というと、建物などに落雷する直撃雷による被害をイメージしがちです。
しかし、雷害の発生頻度や規模は、直撃雷よりも誘導雷の方がはるかに大きいといえます。特に、従来の個別システムからITを利用したシステムへと変化しつつあるオフィスやデータセンター、工場、病院等では、雷による装置のハード故障だけではなく、システム停止による生産活動や業務の停止などのリスクが大きくなっています。
IT時代は雷害リスクと隣り合わせの時代です。NTTファシリティーズはIT時代にふさわしい雷害対策サービスを提供します。
2.サービスの概要
 
1) 雷害対策コンサルティング
NTTファシリティーズならではの専門技術と豊富なノウハウをもとに、建物全体やシステム別の低コストで効果的な雷害対策の実現に向けて、調査・企画提案を行います。
2) 雷害リスク評価・診断サービス
建物の立地条件、耐雷装置の有無、電源線・通信線・接地システムの構成などにより被害を受ける危険性は異なります。当社は建物・設備が被る雷害やその危険性を適確に評価・診断します。
3) 雷害対策工事
雷害対策の実施計画に基づき、建物やフロアのリニューアル工事や雷害対策設備の配線工事を弊社が一元的に行います。お客様にとって、窓口が一本化され、スムーズな雷害対策が実施できるだけでなく、工期短縮・低コストのメリットが生まれます。
4) その他のサービス
雷害対策は建物・設備はもとより、運用・管理面など総合的に整備されてこそ、リスクの回避、信頼性の向上が実現します。弊社では、対策の効力を最大限に引き出すため、お客様のご要望に応じて対策工事や対策機器設置後の設備の保守・監視サービスを提供します。
3.今後の予定
  雷害対策に関するご相談は、弊社ホームページ(http://www.ntt-f.co.jp/form/)もしくはフリーダイアル(0120-727-374 )で承ります。
本件に関する問合せ先
<報道機関からのお問い合わせ>
(株)NTTファシリティーズ
総務人事部 広報室
電話:03-5444-5112
<一般のお客様からのお問い合わせ>
コンタクトセンタ
電話:0120-72-7374
午前9時~午後5時まで(土・日・祝日はのぞきます)
ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。
予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP