平成15年6月4日  
NTTファシリティーズとAPC Japanが提携
~新製品InfraStruXureTMをはじめとした大型UPSの販売及び保守サービス分野において協業~


NTTグループの総合エンジニアリングサービス企業、株式会社エヌ・ティ・ティ ファシリティーズ(東京都港区、代表取締役社長:布谷龍司、以下NTTファシリティーズ)と、電源保護のトータルソリューションプロバイダー、株式会社エーピーシー・ジャパン(東京都品川区、代表取締役社長:アラン・ルソー、以下APC Japan)は、APCの新製品InfraStruXureTM(インフラストラクチャ)を含む大型UPSの販売と、その保守サービスにおいて6月より業務提携を行なうことといたしました。
1.両社のこれまでの取り組みと背景
  APC Japanは、全世界120カ国に販売拠点をおく電源保護のグローバルリーダー、米国アメリカン・パワー・コンバージョン(APC)の子会社で、2001年度のサーバ向け小・中型UPS※1(1~10kVA)日本市場でトップシェアを獲得しています※2。近年、IT環境がサーバールームやデータセンタに集約される中、APC Japanはそのニーズに見合った製品として、大型三相UPSやサーバラックを市場に投入し、IT環境の電源統合ソリューションを全国に展開しています。
一方、NTTファシリティーズは、NTTグループでの高信頼電源システムの豊富な実績をベースに一般企業における通信・コンピュータ用電源システムの提案から構築・保守・監視に至るまで一貫したサービスでビジネスを拡大するとともに、建物や電源・空調などの幅広いエンジニアリング力で国内及び海外の多くのデータセンタ構築を手がけてまいりました。また、保守業務においては全国180ヵ所のサービスセンタを配置して、全国規模で信頼性の高いサービスを展開しています。

※1 UPS:無停電電源装置 
※2 2002年版 先端UPS市場の現状と展望、矢野経済研究所調べ

2.提携のねらい
  APC Japanは、高信頼電源システム構築に多くの実績をもつNTTファシリティーズのマーケティング力および保守サービス体制を活かすことにより、新製品InfraStruXureの市場認知度を高め、大型UPS市場の大規模な開拓を目指します。
また、NTTファシリティーズでは、外資系企業やIT系企業への販売強化を図り、社会の変化やニーズに適応した製品・サービスを通じて同社の事業領域拡大に繋げていきます 。

APC JapanとNTTファシリティーズは、具体的に次の業務において協業していくこととします。
(1) Certified Reliability Provider Partner契約
(サーティファイド・リライアビリティ・プロバイダー・パートナー契約、C-RPP)
  APCが本日発表した新製品InfraStruXure専売の認定代理店契約でInfraStruXureの設計、施工、電気工事など製品納入に必要なサービスを提供する。
   
(2) High Power Partner契約 (ハイ・パワー・パートナー、HPP)
  APCから認定された技術者を有し、InfraStruXure以外のAPC大型UPSシステムの設計、施工からサービスまでを提供するAPCの認定代理店契約。
   
(3) APC Service Provider契約 (APCサービスプロバイダ契約)
  APCが販売する保守サービス商品 「APCグローバルサービス(AGS)」をNTTファシリティーズが実施。
3.今後の展開
  APC Japanと上記3つの契約を同時に締結した企業はNTTファシリティーズが最初となります。NTTファシリティーズは外資系企業で高い支持を得ているAPC製品を取り扱うことで外資系企業のお客様の開拓、また、従来のお客様に対してもUPSの選択幅が広がることでサービス向上につながると考えています。   
さらに、ビジネスの成長に合わせて段階的な設備拡張が可能なInfraStruXureを活用して、データセンタやサーバールームでの展開も期待できます。
なお、NTTファシリティーズでは、今回の提携による初年度の売上として約10億円を見込んでいます。
4.会社概要
  株式会社エヌ・ティ・ティ ファシリティーズについて
NTTファシリティーズは、100年に及ぶわが国の電気通信の歩みをサポートしてきました。
NTTネットワークをささえるすべての建物、電源・空調システムなどの情報環境の企画・設計から施工、維持管理までを、一貫して手がけてきた実績から生まれた、「IT×エネルギー×建築」の融合技術で、最適なファシリティソリューションを提供し経営をサポートします。同社の詳しい情報はhttp://www.ntt-f.co.jpをご参照ください。

アメリカン・パワー・コンバージョン(APC) について
1981年に設立されたAmerican Power Conversion Corporation(ナスダック取引名: APCC) は、幅広い顧客ニーズをカバーするITインフラを世界規模で提供するソリューションプロバイダーです。 APC(本社:米国ロードアイランド州、ウェストキングストン)の2002年度(12月決算)総売上は13億ドルです。また、APCは優良企業として 「Fortune 1000」および 「S&P 500」インデックスにリストされています。
株式会社エーピーシー・ジャパン (APC Japan、本社:東京都品川区、代表取締役社長:アラン・ルソー)は、1996年4月に設立された米国APC社全額出資の日本法人で、APC社製UPS(小中規模単相UPSおよび大容量三相UPS)、空調機器、ラック等の輸入販売、および保守サービスを提供しています。 同社の詳しい情報はhttp://www.apc.co.jpをご覧ください。

【報道機関からのお問い合わせ】
(株)NTTファシリティーズ
総務人事部 広報室
TEL:03-5444-5112

【一般のお客様からのお問い合わせ】
コンタクトセンタ
TEL:0120-72-73-74
午前9時~午後5時まで(土・日・祝日はのぞきます)
 
ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。
予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP