平成16年1月7日

交流・直流両用の電源システム
「ITマルチパワーシステム」の販売を開始

 NTTグループの総合エンジニアリング・サービス企業、株式会社エヌ・ティ・ティ ファシリティーズ(代表取締役社長 布谷龍司:以下NTTファシリティーズ)は、交流・直流両用仕様でIT環境規模にあわせて各種容量に対応できるIT用交直流電源システム「ITマルチパワーシステム」の販売を、1月8日から開始します。

商品・サービスページへ
1.背景とねらい
 IT社会の進展に伴い、企業の情報環境整備に必要なサーバやルータ等のIT機器はますます増加しつつあり、エネルギー消費量も増大しています。また、これらのIT機器へ供給する電源に対しては、給電に対する高効率性・高信頼性・コストの削減、給電装置の設置スペースの削減・拡張性および保守性の向上、低消費電力による地球環境保護への貢献が重要視されており、これらの課題を解決する電源の直流化がデータセンタをはじめとしたネットワーク系通信施設を中心に広まってきています。
 しかし、上記施設においてもすべての電源が直流化されているわけではなく、IT機器の必要電源種別として従来からの交流電源と直流電源の両方の電源が混在する場合は、交流電源と直流電源の両方を準備せねばならず、コスト面・スペース面で大きな負担となっているのが現状です。
 そこで、NTTファシリティーズでは、交流電源と直流電源の両方を構築できるソリューションとして「ITマルチパワーシステム」を開発、全国販売を開始します。
 本システムは、交流・直流両方の電源を高効率・高信頼で供給することで、地球環境保護に配慮したIT機器電源環境を低コスト・省スペースに構築することができます。また、本システムの導入により将来の電源の直流化を視野にいれたIT環境の構築が可能となります。
ITマルチパワーシステム
「ITマルチパワーシステム」の外観写真
2.「ITマルチパワーシステム」の特徴
(1) 電源種別・容量に柔軟に対応
交流・直流両用出力化により、1システムで必要容量の変化に柔軟に対応します。
直流出力容量は200A単位での増減、交流出力容量は直流出力容量に応じた供給が可能で、新たなシステムの増設を極力抑えます。
(2) 地球環境に配慮した高効率・高信頼の電源供給

インバータ部に「無瞬断パラレルプロセッシング方式*1」を採用することにより、完全無瞬断切り替えで変換効率96%(当社従来製品より10%向上)を実現、電力消費量を抑制し、CO2排出量を削減するなど地球環境保護へ貢献します。

(3) 省スペースで工事費削減を実現
停電時でも「ITマルチパワーシステム」を構成する交流電源部の交流出力により直流電源のバックアップを行うので、蓄電池からの直流バックアップ配線は不要となります。
また、蓄電池や出力分岐盤を交流・直流系統で共用するので、交流と直流の電源装置を別々に設置する場合と比較すると、省スペース化(当社従来製品の交流と直流の電源装置の組合せより25%の省スペース化・保守スペース含む)、工事費削減が実現できます。
(4) 将来のIT環境を視野にいれた設計が可能
「ITマルチパワーシステム」の導入により、IT機器の入力電源の直流化に対して、システムを更改することなくユニットを増設するだけで柔軟に対応が可能となります。
(5) 24時間365日監視・保守サービスを実現
電源設備について、NTTファシリティーズが運営するカスタマセンタにて24時間365日監視し、全国180ヶ所の保守拠点から保守サービスを提供します。
3.今後の販売展開
 NTTファシリティーズは、100年に及ぶ電気通信の歩みをサポートしてきた実績をもとに、その総合エンジニアリング力を活かし、お客様に高信頼な電源装置を提供してまいりました。今後は、電源設備から監視・保守までを一元的に提供する「パワーシステムフルアウトソーシングサービス*2」とあわせて「ITマルチパワーシステム」を販売することで、お客様へのより一層の信頼と安心の確保に努めてまいります。
 
4.専用ファシリティ仕様概要
項目 単位 交流 直流
出力定格容量 kVA 50または100(交流容量+直流容量)
交流
入力
相数 - 三相3線
定格電圧 V 200
定格周波数 Hz 50または60
出力 相数 - 交流三相3線 -
定格電圧 V 200 -54.6
(-40.5~-57.0)
定格電流 A - 200×(N-1)注1
電圧
精度
商用並列運転時 % ±8以内
±1~10%設定可能
-
蓄電池運転時 % 定格電圧±2以内 -
定格周波数 Hz 50または60 -
効率 % 96以上 91以上
運転騒音 dB 65以下
70以下
蓄電池保持時間 10~180
寸法 mm 500×700
×1775
(50kVA)
750×800
×1950
(100kVA)
595×600
×1800
質量 kg 400以下
(50kVA)
700以下
(100kVA)
392以下
注1: Nは整流器ユニット搭載台数(最大搭載台数は100kVA-UPS適用時7台、50kVA-PS適用時4台、オプション蓄電池有り時は、最大搭載台数は100kVA-UPS適用時6台、50kVA-UPS適用時3台)を示す。
5.用語の解説
*1 「無瞬断パラレルプロセッシング方式」
商用電源と双方向インバータを並列に接続して冗長化。平常時には商用電源から電力を送り、停電などの交流入力異常時には双方向インバータから無瞬断で給電します。高効率と高品質を同時に実現します。
*2 「パワーシステムフルアウトソーシングサービス」
お客様のご要望に合わせ、設備(UPS・直流電源システム・受配電装置・発電装置・移動電源車・直流電源車・電力貯蔵システム・空調装置等)から監視・保守までを、高品質に一元提供する電源の定額料金制アウトソーシングサービスです。一度に多額の資金を調達する必要がなく、サービス品質保証(SLA)契約により、契約期間中のサービス品質を保証します。固定資産税納付、減価償却費計算などの面倒な事務処理もフルアウトソーシングすることで、経営資源を効率的に活用することが可能です。
【報道機関からのお問い合わせ】
(株)NTTファシリティーズ
総務人事部 広報室
TEL:03-5444-5112

【一般のお客様からのお問い合わせ】
コンタクトセンタ
TEL:0120-72-73-74
午前9時~午後5時まで(土・日・祝日はのぞきます)
商品・サービスページへ

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。
予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP