平成19年12月20日

株式会社NTTファシリティーズ

ワークスタイル診断システムの開発について

 株式会社NTTファシリティーズ(代表取締役社長 森 勇)は個人のLive(モチベーション)とチームのLink(コミュニケーション)を軸とした指標及び、ワークスタイルを定量的に評価する手法「ワークスタイル診断システム」を開発しました。
 法人のお客さまの有形・無形資産活用にむけ、空間・ICT・制度などのソリューション群を総合PM(Project Manager)がトータルにプロデュースします。

1.開発の背景
 近年、企業経営における「有形資産活用」「無形資産活用」「CSR(Corporate Social Responsibility)マネジメント」が注目されています。とくに、無形資産=人財の最大活用にむけ、オフィスという舞台づくりが社会的に重要視されています。
 この背景には、好調な企業業績によるオフィス不足、高度ICTによるビジネスシーンの進化、勤務形態の多様化・非正社員比率の増加といった急速な社会変化があります。
 従来、オフィスを構築する際は、机や収納家具の大きさ、働く人一人当りの専有面積、レイアウトなど物理的な側面への提案が主でした。
 しかし無形資産活用のためのオフィスづくりにおいては、上記のような物理的側面だけでなく、その空間をオフィスワーカーがどのように使いこなすか(下線部以下、ワークスタイルと定義)、ICTやHRM(Human Resource Management)・BPO(Business Process Outsourcing)まで含めてトータルにプロデュースすることが重要です。
 しかし、そうした側面まで総合提案するための一般的手法は存在しませんでした。
 そこで、NTTファシリティーズは、個人のLive(モチベーション)とチームのLink(コミュニケーション)の2つを軸とした独自の指標(参考図1)と、この指標を用いることによってオフィスワーカーへのヒアリングから回答者のワークスタイルを自動で定量的に評価する手法「ワークスタイル診断システム」(参考図2)を開発しました。

参考図1:LiveとLinkによる指標
参考図2:診断結果

2.システム概要
ワークスタイル診断お試し版(http://www.wsdp.jp/wsdp/trial/
インターネットから回答者がアクセスできるASP型の診断システムです。
お試し版では個人に対する概要の診断ができますが、組織の詳細な診断をおこなうこともできる柔軟なシステムです。
SSL認証によりセキュリティの高いシステムです。

3.システムの特徴
(1) 厳選された10の質問により、非常に短時間で回答者のワークスタイルを診断できます。(参考図3)
(2) 回答者のオフィスのワークスタイルをLive軸(個人のモチベーション)、Link軸(チームのコミュニケーション)のポートフォリオで示すことにより、オフィスの状況を簡単に把握することができます。(参考図4)
(3) NTTファシリティーズが提案する「ステーション」「コミュニティ」「レビュー」等、7つのワークシーンの充足度レーダーチャートと、「空間」「ツール」「制度」等のオフィスシーンを構成する5つの環境要素の充足度レーダーチャートにより、状況に応じたオフィス整備の方向性を示します。(参考図5)
(4) 例えば、「インフォーマルにコミュニケーションするシーン」が不足していることや「情報機器の整備」が必要であることをレーダーチャートで示し、その解決策として、そうした場所における情報機器充実化を通じたコミュニケーションの促進というオフィス整備の方向性を示します。(参考図6)
(5) 各診断結果を分析し、回答者のオフィス構築に必要なソリューションを的確な優先順位でムリ・ムダ・ムラ無く提案し、7つのワークシーンと5つの環境要素をバランスよく充足させることによってオフィスの様々な課題が解決でき、Live-Link Designオフィスへと導きます。(参考図7)
(6) オプションでPre-OE(Pre Occupancy Evaluation:入居者事前評価)と組み合わせた調査・分析が可能です。
(7) 設計者・調査者の主観に寄らない診断システムによって、調査から提案までの時間短縮と安定したサービス品質を提供します。

参考図3:ワークスタイル診断
システムヒアリング画面
参考図4:ポートフォリオ分析

参考図5:充足度レーダーチャート

参考図6:7つのワークシーンと
5つの環境要素
参考図7:シーンと構成要素の提案

4.効果検証
 オフィス構築後に再度ワークスタイル診断、Post-OE(Post Occupancy Evaluation:入居者事後評価)を実施することで、オフィスワーカーのLive(モチベーション)とLink(コミュニケーション)が構築前後でどのように変化・向上したか、定量的に把握することが出来ます。

5.今後の展開
 ワークスタイル診断から得られたオフィス構築の方向性から、空間設計・ツール設計・ルールづくり・制度設計・雰囲気づくりに関する各ソリューション群構築をNTTグループで提供し、それらを総合PM(Project Manager)がトータルにマネジメントする、「Live-Link Design オフィス事業」へと展開を予定しています。

【報道機関からのお問い合わせ】
(株)NTTファシリティーズ
総務人事部 広報室
TEL:03-5444-5112

【一般のお客様からのお問い合わせ】
コンタクトセンタ
TEL:0120-72-73-74
午前9時~午後5時まで(土・日・祝日はのぞきます)
ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。
予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
PAGE TOP