2009年10月5日

「グリーンデータセンタ」サービスが
「グリーンITアワード2009 経済産業大臣賞」を受賞

株式会社NTTデータ
株式会社NTTファシリティーズ

株式会社NTTデータと株式会社NTTファシリティーズは、このたび環境負荷低減・省電力化を実現する「グリーンデータセンタ(R)」サービスについて、「グリーンIT推進協議会」が主催する「グリーンITアワード2009」ITの省エネ部門にて「経済産業大臣賞」を受賞しました。

 IT機器の小型化や高密度化にともなって、データセンタの電力消費量は世界的に増加傾向にあり、省エネルギー化によるデータセンタの環境負荷低減は急務の課題となっています。このような状況を受け、NTTデータでは、IT技術とファシリティ技術を融合した環境負荷低減のための「グリーンデータセンタ(R)」サービスを推進しています。グリーンデータセンタでは、都内データセンタ内にて、仮想化技術を用いたサーバ集約・統合による消費電力低減、カーボンフリーの太陽光発電システムの導入、高電圧直流給電システム*1によるエネルギー効率化、「アイルキャッピング(R)」*2による空調の効率化等を総合的に実施し、従来の当社データセンタ比で年間約30%の消費電力量の削減に取り組んでいます。
 グリーンデータセンタのサービスメニューの提供にあたっては、NTTグループの最新技術を積極的に活用しており、このうち免震装置一体型アイルキャッピングによる空調の効率化については、NTTファシリティーズの特許技術により実現しています。
 このたび、NTTデータとNTTファシリティーズのグリーンデータセンタにおける先進的な取り組みが評価され、両社共同で「グリーンITアワード2009 経済産業大臣賞」を受賞しました。
(※グリーンデータセンタの詳細については、 http://bs.nttdata.co.jp/green/ をご覧ください)

1.グリーンITアワードについて

グリーンITアワード2009 グリーンITアワードは、2008年に産学官のパートナーシップにより設立された「グリーンIT推進協議会」が主催する表彰制度です。「ITの省エネ」および「ITによる社会の省エネ」を両輪とする「グリーンIT」の取り組みをより一層加速すべく、IT機器・ソフトウエア又はそれを活用したサービス、ソリューション等(以下「IT機器等」という)を開発・普及させたこと又は利用したことにより、社会におけるエネルギー使用量を削減させた場合等において、当該IT機器等を表彰することにより、エネルギー削減量の評価方法も含むグリーンITの活動を広く社会に浸透させ、環境保護と経済成長が両立する社会の実現に繋げるものです。

2.評価のポイント

 このたびの受賞は、高電圧直流給電技術から仮想化技術、冷却に至るまで、データセンタのグリーン化を総合的に取り組むことで、大規模なエネルギー削減に成功し、他のデータセンタの手本となるべき技術をふんだんに取り込んでいる点が評価されました。
 特に、世界的に関心が集まっている高電圧直流給電技術を実装した実証実験について、大規模な高電圧直流給電システムの数少ない例であるとして、その先進性・独創性について高い評価を受けました。


受賞の詳細については、以下のWebサイトをご覧ください。
 http://www.greenit-pc.jp/

3.今後の取り組みについて

 NTTデータでは、2009年度~2013年度の中期経営方針における重点施策として、「環境志向経営」を掲げ、NTTデータグループが提供する事業を通じた社会全体の環境負荷低減を目指しています。データセンタ事業においても、IT技術とファシリティ技術を融合した環境負荷低減のためのグリーンデータセンタを推進し、将来的なグローバルスタンダードになることを目指しています。
 NTTファシリティーズでは、国内データセンタの約30%の設計、構築に携わってきた実績と、環境に配慮した先進的なファシリティ技術を通して、データセンタのさらなる消費電力削減を推進し、「信頼性」と「グリーン」を両立したデータセンタを提供して参ります。

 なお、NTTデータでは受賞企業講演として、2009年10月6日(火)~10日(土)まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2009」において、10月7日(水)11時からコンベンションホールAにて『環境志向経営を目指すNTTデータのグリーンデータセンタ推進』と題した講演を行う予定です。

用語説明

*1高電圧直流給電システムについて
高電圧直流給電システムとは、従来商用電源を交流で受電した後、無停電電源装置で2回、IT機器内で1回、合計3回行っていた交流‐直流変換を1回にとどめ、機器に直接直流を供給する電源システムです。本システムにより交流‐直流変換のエネルギー損失を削減することができます。また、直流48V方式に比べ、給電ケーブルを細くでき、送電効率を改善することが可能となります。
NTTデータでは、2009年1月から7月末まで国内外のハードベンダ5社、およびNTTグループ各社の協力により高電圧直流給電システムの実証実験を実施しました。
(2009年1月26日ニュースリリース  :  http://www.ntt-f.co.jp/news/heisei21/h21-0126.html
今後もNTTグループ一体となって、ハードウエアベンダ各社とも協力しながら、高電圧直流給電システムの開発普及に取り組んでいきます。
*2アイルキャッピング(R)について
ラック列間の通路を壁や屋根で区画し、IT装置への給気(低温)とIT装置からの排気(高温)を物理的に分離して効率的な空調環境を実現する気流制御技術です。本製品には、株式会社NTTファシリティーズの特許発明が含まれています。

※「グリーンデータセンタ」は(株)NTTデータの登録商標です。

※「アイルキャッピング」は(株)NTTファシリティーズの登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先
(株)NTTデータ 広報部 TEL:03-5546-8051
(株)NTTファシリティーズ 総務人事部 広報室 TEL:03-5444-5112

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP