2009年11月9日

最新環境・省エネ実証モデル都市を目指す「如皋エコシティ」プロジェクトを中国で展開
~第4回 日中省エネルギー・環境総合フォーラムにて調印~

株式会社NTTファシリティーズ
NEC(中国)有限公司
晟峰ソフト株式会社

 株式会社NTTファシリティーズ(代表取締役社長:沖田 章喜、所在地:東京都港区、以下「NTTファシリティーズ」)とNEC(中国)有限公司(総裁:金子肇、所在地:中国北京市、以下「NEC(中国)」)および、晟峰ソフト株式会社(代表取締役:磯野 彰、所在地:東京都中央区、以下「晟峰ソフト」)は、中国江蘇省如皋(ルーガオ)市(書記:陳恵娟、以下如皋市)如皋高新技術園区開発建設有限公司(書記:阮汝国、以下「如皋高新技術園区」)と「如皋エコシティ」プロジェクトの推進に関して合意しました。昨日、中国北京で開催された「第4回日中省エネルギー・環境総合フォーラム*1」で「日中省エネルギー・環境ビジネス推進モデルプロジェクト*2」に選定されたことにより、上記3社は如皋市と合意協議書の調印を行い、如皋市が建設を計画している「如皋市科学技術城」の環境・省エネルギーコンセプト設計、及び如皋市科学技術城の一部である「ソフトウェア産業園」の公共施設・建物へ、最新IT技術を駆使した“消費電力見える化・最適制御システム”や“環境配慮型製品”の導入を行い、前例のない『エコシティ』の実現を目指します。

  • 調印式の模様
調印式の模様
前列左から
晟峰ソフト 磯野社長
NECソリューションズ 木戸脇社長
NTTファシリティーズ 沖田(社長)
如皋市 陳恵娟書記

1.背景

 如皋市は、中国の国家開発プロジェクトである「江蘇沿海開発プロジェクト」の指定都市の一つであり、電気・化学・造船等の産業の戦略的振興を図っています。今回、その中心的役割を担う都市として、新たに経済発展と環境保全を両立させた「科学技術城(約35平方キロメートル)」の建設を計画しています。

 そこで、NTTファシリティーズ・NEC(中国)・晟峰ソフトの3社は、当該科学技術城の開発主体である如皋高新技術園区と協力して、環境・省エネルギーに関するコンセプト作り及び建設に関するコンサルティングを行い、また、エコシティ計画に基づく環境・省エネルギー実証モデル地域に指定された「ソフトウェア産業園(約8平方キロメートル)」の園内の公共施設・建物へ“消費電力見える化・最適制御システム”や“環境配慮型製品”の導入を行うこととなりました。

2.実証モデル事業による効果

  • 中国国内の一般的な公共施設・建物に比べ50%以上の省エネルギーを実現することを目指します。
  • IT技術を駆使したTEMS(総合エネルギー管理システム:Total Energy Management System)を導入し、エネルギーの「見える化」の推進及び省エネルギー製品群の最適制御により、省エネルギー効果の確認・算定を容易にするとともに効率の高い省エネルギー施策を実現します。
  • 最新の環境・省エネルギー実証モデル都市にすることにより、環境・省エネルギー製品及びシステムの普及促進につなげます。
  • 如皋市位置図
如皋市位置図
 

用語説明

*1 第4回日中省エネルギー・環境総合フォーラム
日時
:2009年11月8日(日)
場所
:中国北京市 人民大会堂
主旨
:過去3回 (第1回:2006年5月、第2回:2007年9月、第3回:2008年11月)開催され、日中両国の省エネルギー・環境保護分野に関する相互理解を促進し、協力プロジェクトをはじめとするビジネスマッチングを推進している。
主催
:日本側 経済産業省、財団法人日中経済協会
中国側 中国国家発展改革委員会、商務部
*2 日中省エネルギー・環境ビジネス推進モデルプロジェクト
日中の省エネルギー・環境分野の互恵的な協力関係を拡大するため、ビジネスベースで日本の省エネルギー・環境分野の技術及び管理の普及を図る目的で設置されたスキーム。本プロジェクトは日中間のモデルとなるような省エネルギー・環境ビジネス(省エネ診断、F/S、設備導入等)を日中の政府で構成される「推進委員会」で指定される。「推進委員会」では、プロジェクトのレビュー等を通じて、知的財産等に係る問題の発生を防止するとともに、問題発生時には迅速な解決を図ることとしている。このような政府間の枠組みを設けることにより、日中間の省エネ環境ビジネスが円滑に進むことを期待している。
本件に関するお問い合わせ先
(株)NTTファシリティーズ 総務人事部 広報室 TEL:03-5444-5112

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP