2011年10月18日

中山市小欖鎮金融オフィスビルの起工について

 2011年10月18日、株式会社NTTファシリティーズ(代表取締役社長:沖田章喜)が設計に参画した、小欖鎮金融オフィスビルが起工しました。

<共同設計会社>
株式会社日総建(代表取締役社長:大貫東彦)
広東省建築設計研究院(法人代表院長:王洪)

1.建物場所・規模

  1. (1)工事場所:中華人民共和国広東省中山市小欖鎮
  2. (2)敷地面積:25,680m2
  3. (3)延床面積:88,905m2
  4. (4)構造規模:RC造、地下2階・地上19階(高層棟)、地上3階(低層棟)
  5. (5)建物高さ:高層棟84m、低層棟16.3m

2.施設概要・特徴

 広東省中山市は珠口デルタの一角であり、辛亥革命の指導者として有名な孫文の出身地として有名です。小欖鎮は中山市北西部に位置する広東省を代表する都市です。
 建設地は小欖鎮政府・商業施設・ホテル等が集まる中核街区の一角であり、そこに職・住・遊の融合した水都小欖鎮の中核ゾーンの発展を目指し、高い自律性を持ちつつ豊かな交流を生み出す国際的マルチテナントビルを建設します。
 高層オフィス棟では、現地のテナントニーズを反映し、基準階事務室は100m2を基本単位としてフレキシブルに対応できる建築・設備計画としています。
 また、外装は、「先進性と環境性能を合理的に両立する、包み込むデザイン」という考え方のもと、方位に合わせた縦横の格子によって柔らかく包み込まれたデザインとし、日射遮蔽、空調負荷低減を実現しています。

鍬入れ

鍬入れ

外観パース

外観パース

本件に関するお問い合わせ先
   (株)NTTファシリティーズ 総務人事部 広報室 TEL:03-5444-5112

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP