2012年9月4日

吉野ヶ里メガソーラー設置運営事業に関する基本協定の締結

株式会社NTTファシリティーズ(代表取締役社長 筒井清志)は、株式会社戸上電機製作所(代表取締役社長 戸上信一)、株式会社佐賀銀行(取締役頭取 陣内芳博)、国立大学法人佐賀大学(学長 佛淵孝夫)、西日本電信電話株式会社(代表取締役社長 村尾和俊)とともに、吉野ヶ里メガソーラー設置運営事業実施に関する基本協定を、9月3日に佐賀県、神埼市と締結しました。

設備完成イメージ
設備完成イメージ
協定式模様(左から古川佐賀県知事・筒井社長・松本神埼市長)
協定式模様(左から古川佐賀県知事・筒井社長・松本神埼市長)

1. 経緯

代表構成員 NTTファシリティーズ、構成員 戸上電機製作所、佐賀銀行、佐賀大学、西日本電信電話からなる「NTTグループ・佐賀県企業等連合体」は、佐賀県が実施した「吉野ヶ里メガソーラー設置運営事業者募集」に応募し、平成24年7月25日に開催した「吉野ヶ里メガソーラー事業者選定委員会」での審査を経て、メガソーラー設置運営事業者として選定されました。

佐賀県、神埼市、NTTグループ・佐賀県企業等連合体は、事業の確実な実施に向けた基本協定を9月3日に締結し、本格的に事業へ着手します。

2. 吉野ヶ里メガソーラー設置運営事業の概要

「佐嘉吉野ヶ里ソーラー合同会社」(NTTファシリティーズ100%出資)を設立、佐賀県より事業用地を賃借し、大規模太陽光発電システム(メガソーラー)を設置・運営することで、売電事業、設備を活用した環境教室などのイベント、実証研究を実施します。

設置場所:
佐賀県神埼市神埼町(吉野ヶ里ニュー・テクノパーク跡地)
事業主体:
佐嘉吉野ヶ里ソーラー合同会社
(NTTファシリティーズ100%出資)
太陽電池容量:
12MW
想定年間発電量:
12,850MWh(一般家庭消費電力 約3,600世帯分)
設備の特徴:
  • 見学者施設、見学用の丘、車専用の見学用道路の設置
  • 吉野ヶ里地域の景観を保護するため、太陽電池の設置高を低く設定
  • 文化財(記録保存区域)保護のため、置き式の基礎を採用
主な地域貢献策:
  • 地域の子ども・住民・観光客に向けた環境教室、イベントの開催
  • 地域の産業、人材の育成へ貢献する技術者研修
  • 次世代エネルギーネットワークに関する研究

3. 主なスケジュール

9月3日に「佐嘉吉野ヶ里メガソーラー合同会社」を設立しました。平成25年2月に着工、同年6月末に発電を開始する予定です。また、発電開始に合わせ、環境教室などのイベント、研究を実施します。

平成24年9月:
合同会社設立
平成24年10月:
造成工事(佐賀県様工事)終了
平成25年2月:
土地賃貸借契約の締結
平成25年2月:
発電所工事開始
平成25年6月末:
発電開始
本件に関するお問い合わせ先
   (株)NTTファシリティーズ 総務人事部 広報室 TEL:03-5444-5112

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP