2013年5月27日

トイレの洗浄水量を最適化する水のスマートサービスAQUA-Remoni™を開始

株式会社NTTファシリティーズ
株式会社木村技研

株式会社NTTファシリティーズ(代表取締役社長 筒井 清志、東京都港区、以下NTTファシリティーズ)と株式会社木村技研(代表取締役社長 木村 隆英、東京都世田谷区、以下木村技研)は、トイレの洗浄水量を遠隔で最適化するサービスAQUA-Remoni™を5月7日より浅草寺(東京都台東区浅草2-3-1)およびNTT関連ビルで開始しました。5月の実績を踏まえ、6月より全国へ本格拡大します。

1.背景と概要

木村技研は、1972年より流量センサ付き節水バルブ「アクアエース®*1」を販売開始し、トイレの洗浄水量を計測し、最適化するサービスを商業施設、オフィスビル、駅舎や学校等に提供してきました。しかし、これまで計測データの収集や洗浄水量の設定は、毎月点検員が現地に赴き行なっていたため、随時きめ細かな洗浄水量の設定変更やデータ管理が困難でした。
 この度、NTTファシリティーズは、遠隔モニタリングサービス「Remoni®*2」を活用して「アクアエース®」をクラウドに接続することで、遠隔での洗浄水量データ管理、洗浄水量の設定変更に加え、トイレブース内の異常遠隔検知、トイレ利用人数デイリーレポートを可能にしました。(図1)。

図1:AQUA-Remoni™の運用イメージ
AQUA-Remoni™の運用イメージ
※図をクリックすると、拡大表示でご覧になれます。

2.本サービスの特長

  1. ランニングコスト低減
     トイレの洗浄水量をネットワーク経由で常時適切にコントロールし、節水バルブの節水効果を最大化することで、従来のトイレ洗浄水量を約半分に抑えることが可能です。同時に、給水ポンプの消費電力量を削減し、節電およびCO2削減が可能です。
  2. 安全性強化
     トイレ内での急病や事故などによる利用者の長時間滞在や漏水を検知し、アラームメールによりビル管理者へ通知します。ブース内の異常を早期発見でき、ビルの安全管理に重要な役割を果たします。
  3. 環境性能評価の向上
     LEED、GRESB等の不動産環境性能評価では節水量を評価項目の1つとしています。高い節水効果により高評価を獲得することが可能で、遠隔モニタリングにより申請に必要なデータを取得することも可能です。
  4. マーケティング指標の提供
     トイレの利用者数をブースごとに集計し、任意に設定した単位でレポートすることが可能です。トイレの利用者数から、イベントの評価やマーケティング等に活用することも可能となります。

3.今後の展開

NTTファシリティーズと木村技研は、1年間で全国のトイレブース1万箇所への導入を目指します。
 また、NTTファシリティーズは、電力、熱、水の使用量をはじめとするビル内の様々な設備のモニタリング(水、CO2、照度、温度、湿度 等)を一元化し、各設備の適切な制御を行なうことで、ビルの資産価値向上に継続して取り組んでいきます。

用語説明

*1
アクアエース®
下記商品紹介ページをご参照ください。
http://www.aqua-k.jp/goods/Goods_02.html
*2
Remoni®
下記商品・サービスページをご参照ください。
http://www.ntt-f.co.jp/service/mon_remoni/
※本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関するお問い合わせ先
報道機関からのお問い合わせ
(株)NTTファシリティーズ 総務人事部 広報室 TEL:03-5444-5112
一般のお客様からのお問い合わせ
コンタクトセンタ 0120-72-73-74
午前9時~午後5時(土・日・祝日はのぞきます)

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP