2014年3月31日

横浜銀行における戦略的ファシリティマネジメントの導入について

 株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 筒井 清志、以下、NTTファシリティーズ)は株式会社横浜銀行(本店:神奈川県横浜市、代表取締役頭取:寺澤 辰麿、以下、横浜銀行)と戦略的ファシリティマネジメント*導入に係る契約を締結しました。
 本契約締結により、NTTファシリティーズは、横浜銀行様に対し、横浜銀行様の保有する土地及び建物を経営的・総合的に企画・管理・活用を行うファシリティマネジメント業務を提供します。

 今後NTTファシリティーズは、横浜銀行様の保有する土地13万㎡、建物34万㎡のファシリティマネジメント業務に着手します。横浜銀行様の中期経営計画の基本戦略のひとつである「効率的なオペレーションによる生産性向上」の推進に向け貢献してまいります。

1.ファシリティマネジメントサービスの概要

 NTTファシリティーズのファシリティマネジメントサービスでは、下記に示す4つの施策により「収益性・生産性の向上」と「コスト・リスクの低減」を達成し、経営資源であるファシリティのパフォーマンス最大化を実現します。

  1. (1)ファシリティの見える化
     ファシリティのコスト、劣化状況、エネルギー使用状況といった保有するファシリティの状況を独自の定量化手法により「見える化」することで、正確に把握します。
  2. (2)FMスタンダードの設定
     100年以上にわたって蓄積したノウハウにより、ファシリティの「あるべき姿」を設定し基準を策定します。この基準は、世の中の動向や経営環境に応じて見直していきます。
  3. (3)アクションプランの実行
     「ファシリティの見える化」により把握したファシリティの現況と「FMスタンダード」で設定したあるべき姿の乖離を解消するためのFM施策を実行します。
  4. (4)FMオペレーション体制の構築
     保有するファシリティを永続的に最適な状態に保つため、上記の「(1)ファシリティの見える化」から「(3)アクションプランの実行」を継続的に運用する体制を構築します。

※「FMスタンダード」と「FMオペレーション」はNTTファシリティーズのサービス名称であり、FMはファシリティマネジメントの略称です。

2.今後の取り組みについて

 NTTファシリティーズは、地域金融機関に共通する施設管理の課題に対応できるよう、横浜銀行と連携してFMのスタンダードモデルを構築し、同じ課題を持つ地域金融機関にファシリティマネジメントを提案していきます。

用語説明

* ファシリティ
ファシリティとは、施設とその環境であり、おおよそ「人々が関与する場」と定義されます。具体的には、施設(土地、建物、設備)、内部環境(執務環境、生活環境)、外部環境(近隣、地域社会、都市など)を指します。
* ファシリティマネジメント
ファシリティマネジメントとは、企業、団体等が組織活動のためにファシリティ(施設とその環境)を経営的・総合的に企画、管理、活用することで、ファシリティの効果を最大化するマネジメント手法です。
本件に関するお問い合わせ先
   (株)NTTファシリティーズ ファシリティマネジメント事業本部 FM&CREコンサルティング部 TEL:03-5444-5496

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP