お問い合わせ


「企業間EDIを実現するFM支援システム」 の開発・導入について
-施設管理業務をイントラネット情報システムで推進、新サービスの実施-

平成10年7月22日



株式会社 エヌ・ティ・ティ ファシリティーズ(代表取締役社長 田中順三)は、土地・建物及び建物設備の施設管理・運営業務をとおして「品質向上と資産利活用、コストミニマム化」を大きな目的としたファシリティマネジメント(FM*)業務に適用する施設運営管理支援システムの開発を進めてきましたが、この程企業間イントラネットを利用した「EDI型FM支援システム」(社内呼称:BestFM)を完成させ、全国の支店、営業所で運用を開始します。(EDI*)

本システムは、当社のサーバで稼働するFM業務支援システムを構築の上、専用通信回線によってLAN間接続することにより、土地、建物等の図面や固定資産台帳などのデータベースをユーザ企業側でも同時にWeb検索できるようにしたものです。

これによりユーザが、従来の施設運営管理の結果報告だけではなく、データベース上の経過データ等を自らの経営判断に利用できます。
また、ユーザの社内LAN接続パソコンで利用できることから新規設備投資が一切不要であり、当社からもユーザソフトの配布を実施することなく、企業間業務情報、技術情報のEDI(電子データ交換)を実現しています。



1.背景
 資産価値の変動が経営指標に大きな影響を及ぼしている現状において、各企業では土地・建物・設備などの資産を経営資源として積極的に見直し、その機能と価値を最大限に活かすことがますます重要な課題になっています。

一方、経営形態変更等により、社有、賃貸借等の施設管理、運営業務が多様化・複雑化して膨大になるばかりでなく、資産価値とコストが経営戦略に与える要因として増大することから、FM情報に対するより高度な整理や分析、迅速な対応、意志決定のスムーズな実行を担保することが求められています。
2.開発のねらい
TOPICS FM業務に関わる情報交流をより円滑に行い、かつ情報をより早く、より的確に分析・提供するために「EDI型FM支援システム」を構築しました。

当システムによってより高度なサービスを主体的に提供することとし、建物施設等の資産運営データをデジタル情報化して一元管理し、ユーザ企業間の専用イントラネットを用いてセキュリティを保持した最適・最良のFM情報サービスを提供いたします。
3.システムの特徴
TOPICS
(1) 企業間EDIによるFMの実施
本システムは、当社の本社・支店・営業所に設置された80数台のサーバをLANおよびイントラネットに接続し、これらのサーバ上で稼働しているFM支援システムのデータベース等を、さらに企業をまたぐLAN間通信を可能として、ユーザ企業側からもFM情報として検索・参照できるようにしたものです。
(図1 システム構成)
(2) 専用イントラネットでのセキュリティ保持
ネットワークは、社内イントラネットのWeb経由でデータベースを全社的に利用できる形態としています。
さらにユーザ企業に対して商用インターネットではなく、専用イントラネットを利用してネットワーク上のセキュリティを確保した上で、Web経由でFM情報を提供しています。
(3) Webブラウザ*でのマルチメディア情報交換
データベースには、固定資産台帳等の文字情報の他に、土地・建物・無線鉄塔等のCAD*図面、写真・案内地図の画像情報や、不動産管理シートなどの表形式情報、報告書などの文書情報があります。
このようなマルチメディア情報を容易に閲覧するためにWebブラウザを用いて、社内LANに接続されたパソコンによる従来のシステム環境で経済的に利用できるようにしています。
(写真1~3 Webブラウザの利用)
(4) セキュアWebシステムの開発
Webコンテンツ(ページ毎の表示内容)には重要情報が含まれていることから、ネットワーク上のセキュリティの他に、独自に開発した「セキュアWebシステム」(特許出願中)を採用しています。

ここでは、ユーザアカウント毎の権限や仕事の内容に応じてコンテンツの開示内容を変えてセキュリティを確保することとし、その解決方法としてWebページをアクセスしたユーザのログイン情報(通信の接続許可情報)に基づき、アクセスされたページ内容を変更する方式としました。
(図2 セキュアWebシステム概要)
4.システム機能概要とサービス内容
TOPICS 当社の建物維持管理、不動産管理等の「FM業務支援機能」が基本機能としてあり、業務に関連するFMデータベースを編集・管理します。これらのデータベースは、「FM情報サービス機能」によりWeb経由で社内外のユーザに提供されます。
(1)FM業務支援機能
   建物110番(ヘルプデスク)管理機能
不動産情報管理機能
建物カルテ情報管理機能
建物劣化診断・整備提案機能
建物設備点検業務支援機能
防火管理者業務支援機能
 等
(2)FM情報サービス機能
   ニュース等
建物110番実施状況
建物カルテ実施状況
不動産管理情報サービス
FM関連技術情報サービス
インターネット公開ホームページへのリンク
 等
5.今後の予定
TOPICS
98年7月以降、全国の支店・営業所で当システムを運用し、NTTへの新規FM情報サービスを開始します。


当面NTTグループ企業に対して当FM支援システムでの運用実績・ノウハウを蓄積し、他企業や公共団体からのFM業務受注の拡大に結びつけていく予定です。

本文中(*)
FM: ファシリティマネジメント(組織体が保有しあるいは使用するすべての業務用施設設備を対象として、そのあり方を最適に保つことを目的として、総合的、長期的視野に立ち、多面的な知識・技術を活用して行う計画、管理活動;FMガイドブック FM推進連絡協議会編集より)
Facility Management

EDI: 電子データ交換
Electronic Data Interchange

Webブラウザ: Web(WWW)で提供される情報にアクセス(閲覧)するためのプログラムの総称
Microsoft Internet Explorer, Netscape Navigator などのブラウザがある

CAD: 設計支援システム
Computer Aided Design system



本件に関するお問い合わせ先
(株)NTTファシリティーズ
総務人事部 広報室
TEL:03-5444-5112
ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。
予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。


  
PAGE TOP