お問い合わせ


風力発電と太陽光発電の融合による
日本最大規模のハイブリットシステム完成




ハイブリットシステム
NTT久米島無線中継所の
「ハイブリットシステム」



NTTとNTTファシリティーズは、風力発電と太陽光発電を組み合わせた「ハイブリットシステム」を、沖縄のNTT久米島無線中継所に設置、本年3月から運転を開始しています。

当社によるハイブリットシステムの設置は、1996年12月の「マリントーク瀬戸内」に次ぐもので、本システムは、その総合出力が250kW、年間推定発電量が約50万kWhと日本最大規模であり、無線中継所の通信設備に電力を供給する一方、その余剰電力により、島内の一般家庭などの消費電力も一部、まかなっています。
また、本システムの太陽光発電用の架台設置は、自然に配慮し、斜面を最大限に利用した敷地設計とし、台風の通り道となるなど、沖縄の地域特性を考慮して、設置角度を5度にしたことにより、大幅なコスト削減と「自然と融合したクリーンエネルギーシステム」を実現しています。

ハイブリットシステム  ハイブリットシステム



その他にも屋上設置形としては世界最大級の555kW太陽光発電システムをNTT中央研修センタに設置したのをはじめ、今回の久米島のハイブリットシステムを含めて、全国の通信用ビルなどに、経済性に富んだ太陽光発電27システム、風力発電3システムを導入しています。
ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。
予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。


PAGE TOP