2014年8月13日

外気冷熱活用によりデータセンターの空調用エネルギーを65%削減する小容量タイプの間接外気冷房型空調機FMACS-Ⅴ hybrid (M) を販売開始

NTTファシリティーズは2014年9月1日より、小容量タイプの間接外気冷房型空調機FMACS-Ⅴ hybrid (M) を販売開始いたします。

【FMACS-Ⅴ hybrid 主な特長】

1.高い省エネルギー性
 本製品は冷媒ポンプを使用するポンプサイクルと圧縮機を使用する圧縮サイクルを有しており、外気温度・負荷状況に応じて最適なサイクルで熱搬送を行うことで、一般電算機用空調機に比べて最高65%の消費電力の削減を実現します。

2.高信頼性

FMACS-Ⅴ hybrid (M) の信頼性技術
図 FMACS-Ⅴ hybrid (M) の信頼性技術
※図をクリックすると、拡大表示でご覧になれます。

3.施工性の向上
 冷媒ポンプを室外ユニット内に収容することで、従来の空調機と同等の施工性を実現します。

製品の詳細情報はこちら(商品・サービスページにジャンプします)

PAGE TOP