お問い合わせ

2015年3月19日

太陽光発電実証サイト「Fソーラーリサーチパーク」第2期増設について
~最新技術の検証およびエネルギー領域でのスマート化に関する新たな実証実験を開始~

 株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:筒井 清志)は、太陽光発電システムの実証研究・技術開発を目的とし、山梨県北杜市長坂町塚川地区及び夏秋地区にて運用している「Fソーラーリサーチパーク*1」において、第2期構築エリアの増設を行いました。

全体写真
全体写真
第2期増設エリア
モジュール評価エリア写真
モジュール評価エリア
架台検証エリア写真
架台検証エリア

1.概要

Fソーラーリサーチパークは、NTTファシリティーズがシステムインテグレータ(SIer)として、太陽光発電のさらなる進化を目指すために、山梨県北杜市の協力を得て、北杜サイト太陽光発電所*2に隣接する約4万m2の敷地内に構築する太陽光発電実証サイトです。
 2011年度に第1期構築エリアとして、国内外(日本、韓国、中国、インド、台湾)のメーカの太陽電池モジュール*316種類を導入し、233kW(約7,000m2)の設備を構築し、各種評価・検証を行ってまいりました。この度、新たな技術・進歩に追従するため、第2期構築エリアとしてさらに130kW(約3,600m2)の設備を拡張し、最新太陽電池モジュール9種類の導入と新規開発架台や検証システムを追加し、実環境下での評価を開始しました。今後も、技術革新や検証項目の追加にあわせた拡張を行い、最終的には2MW級の設備構築を計画しています。

図1 Fソーラーリサーチパーク
図1 Fソーラーリサーチパーク
※図をクリックすると、拡大表示でご覧になれます。

2.第2期構築エリアの評価・検証内容

第2期構築エリアでは、第1期でも構築した①モジュール評価エリア、②架台検証エリア、③設計技術検証エリアを構築し、各種最新技術の評価・検証を行うほか、④スマートビジネス検証システムを導入し、エネルギー領域でのスマートビジネスの検証を行っていきます。

  1. ①モジュール評価エリア
    第1期の16種類に加え、第2期では国内外(日本、韓国、中国、アメリカ、カナダ)の9種類の最新モジュールを導入し、合計25種類のモジュールを長期的に運用・評価し、太陽電池の各種特性(発電特性、劣化特性等)を実環境下で明らかにします。
  2. ②架台検証エリア
    第1期構築後に自社で新たに開発したハイブリッド架台*4、FRP架台*4、及び木製架台の3種類の先進的な架台と折半屋根を再現した実証設備を構築し、検証・評価を行います。
  3. ③設計技術検証エリア
    太陽光発電システムの設計・運用に関する検証・評価を行います。第2期では新たに、傾斜面や建物への設置を想定した方位角の異なるシステム、及び長期運用における故障修理時に既設モジュールと異なるモジュールを設置しなければならない場合等を想定した異種モジュールによるシステムを構築し、発電特性への影響評価やお客様に向けた最適なシステム設計のためのノウハウを蓄積します。
  4. ④スマートビジネス検証エリア
    発電量予測に関する実証研究を行うとともに、電力需給バランスの調整に不可欠であるリチウム蓄電池(Li電池)を利用した予測誤差補正及び出力安定化に関する技術検証を行い、エネルギー領域でのスマートビジネスを検証します。
図2 システム構築図
図2 システム構築図
※図をクリックすると、拡大表示でご覧になれます。

3.今後の予定

NTTファシリティーズは、「Fソーラーリサーチパーク」の運用および評価・検証結果から得られた知見を、お客様のニーズに対応した技術開発およびご提案、設備構築に活用して参ります。また、隣接した場所ではNEDO事業の一環として傾斜地向け太陽光発電設備の構築に関して実証研究を推進*5する等、最先端のノウハウの蓄積を継続して実施して参ります。

用語説明

*1 Fソーラーリサーチパーク
「Fソーラーリサーチパーク」はNTTファシリティーズの登録商標です。
*2 北杜サイト太陽光発電所
独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 委託事業 「大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究」を行った施設。実証研究終了後にNEDOから北杜市へ施設譲渡され、北杜市営の太陽光発電所として平成23年4月から開所。
*3 太陽電池モジュール
太陽電池セル(太陽電池の基本単位)を必要枚数まとめ、樹脂や強化ガラス、金属枠に納めた一単位。
*4 ハイブリッド架台、FRP架台
当社開発架台。架台詳細については2014年10月1日ニュースリリース:「2014年度グッドデザイン賞」を受賞~太陽光電池アレイ用ハイブリッド架台、太陽光電池アレイ用FRP架台~にて紹介。
http://www.ntt-f.co.jp/news/heisei26/h26-1001_1.html
*5 傾斜向け太陽光発電実証事業
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が推進する「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」の受託事業として、株式会社アドテック富士と連携し、傾斜地の有効利用を目的として開発された傾斜地向け太陽光発電実証設備。2015年2月に設備構築完了。
http://www.ntt-f.co.jp/news/2015/150319_1.html
本件に関するお問い合わせ先
   (株)NTTファシリティーズ 総務人事部 広報室 TEL:03-5444-5112

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP