平成19年8月29日

株式会社NTTファシリティーズ
山梨県 北杜市

NEDO技術開発機構委託事業
大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究
北杜サイト 第1期設置工事の起工について


 株式会社NTTファシリティーズ(代表取締役社長:森 勇)と山梨県北杜市(市長:白倉 政司)は、昨年9月に独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)*1の委託を受け、「大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究*2 (以下、本事業)」に着手しておりますが、この度、北杜サイトの造成工事、及び第1期分(設備容量600kW)の太陽光発電システム設置工事について起工いたしました。


1.工事場所・規模
 
(1)工事場所: 山梨県北杜市長坂町夏秋地区
(2)工事規模: 全体用地面積 約9ha
太陽光発電システム容量 第一期分 600kW
(第2~3期は平成20~21年度に計画)

2.研究概要
 新エネルギーの一種である太陽光発電は、地球温暖化対策に貢献できる発電設備として注目されており、その普及のためには大規模な設備の導入が不可欠となっております。
 しかし、太陽光発電は日射量や気温などの気象条件によって、その出力が変動する不安定な発電設備であり、大規模な太陽光発電システムが電力系統*3へ大量に連系*4されると、電力系統の電圧を変動させるなどの悪影響を及ぼすことが懸念されております。
 本事業では、北杜市に2MW級の太陽光発電システムを構築し、電力系統に影響を及ぼさないシステムの実現を目指します。
 本事業の背景や概要については、株式会社NTTファシリティーズ公式ホームページの平成18年10月2日報道発表資料(大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究委託先決定)をご参照ください。

<こちらのURLからご参照ください。>
http://www.ntt-f.co.jp/news/heisei18/h18-1002.html

3.起工式(安全祈願祭)
(1)日時: 平成19年8月29日(水曜日) 午前10時から
(2)場所: 山梨県北杜市長坂町夏秋地区


用語説明
*1 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構) 「NEDO」とは、New Energy and Industrial Technology Development Organization(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の略。日本の産業技術とエネルギー・環境技術の研究開発とその普及を推進する中核的実施機関。
http://www.nedo.go.jp/
  *2 大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究
公募情報
http://www.nedo.go.jp/informations/koubo/180418_1/180418_1.html
採択情報
http://www.nedo.go.jp/informations/koubo/180919_2/180919_2.html
  *3 電力系統
発電設備、送電設備、変電設備など、発電所から需要家までに至る一連の電気設備。
  *4 連系
電力系統に太陽光発電等の発電設備を電気的に接続すること。

【本件に関するお問い合わせ先】
NTTファシリティーズ
総務人事部 広報室 TEL:03-5444-5112
ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点の情報です。
予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
PAGE TOP